大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 相澤 和美

教員情報

相澤 和美

相澤 和美
(あいざわ かずみ)教授

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 小田原キャンパス

略歴

明治大学文学部フランス文学科大学卒業
北里大学大学院看護学研究科大学院修士(精神看護学)
国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科大学院博士 (看護学)

都立松沢病院精神科看護師
都立多摩総合精神保健福祉センター地域保健部
都立中部総合精神保健福祉センター地域保健部
北里大学看護学部講師
山梨県立看護大学教授
神奈川県立保健福祉大学教授
東京医療保健大学看護学部看護学科教授
国際医療福祉大学教授

学位

博士 (看護学)

専門分野

精神看護学

担当科目

大学院:
看護倫理学(共通)
在宅看護学講義(修士)Ⅰ
精神看護学講義Ⅰ.Ⅱ(修士)
精神看護学演習Ⅰ.Ⅱ
精神看護学研究指導Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ.Ⅳ
精神看護学講義Ⅰ.Ⅱ(博士)
精神看護学演習Ⅰ.Ⅱ
精神看護学研究指導Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ

研究指導テーマ

精神障害者のケアに関する事(病院看護、在宅生活支援、訪問看護等)
精神障害者の危機介入
リカバリーに関連する事(ストレングス・モデル、WRAP、IMR、家族心理教育、ピア活動等)
地域精神保健福祉に関連する事(他職種連携、社会資源等)者

大学院入学希望者に望むこと

今日的な看護実践に寄与する研究課題を、主体的に探究し論理的に説明できる能力を習得していただきたい。

自身の研究テーマ

(1) 精神障がい者の在宅支援 (2) 精神科訪問看護 (3) 危機介入 (4) 多職種連携 (5) リカバリー

研究業績

  • 相澤和美、地域に生活する精神障害者を支える病院看護師の危機介入の構造と関連要因 -単身生活者の入院に至る地域ケアマネジメント活動-、平成20年度日本看護教育学会研究助成金研究報告書、2009
  • 相澤和美、佐藤登代子、千葉信子、編集・共著者これで大丈夫!精神科訪問看護 はじめてBOOK精神看護出版、2010
  • 相澤和美、地域ケアの時代に望まれる方略・ストラテジー -訪問看護ステーション-、臨床精神医学5月号、Vol.40.No.5.2011
  • Kazumi Aizawa. The actual situation of the crisis intervention of the nurse hospital Difficulty of care management -reaching hospitalization of the live-alone (schizophrenia) -, 1st Global congress for Qualitative health research Soul 2011
  • 相澤和美、宮城純子、石田正人、訪問看護ステーションのうつ病看護ケアに関する実態調査  -訪問看護師が実施しているケア内容ー、第9回うつ病学会抄録、2012
  • 相澤和美、危機が予測される在宅精神障害者に対する危機介入モデルの生成-病院所属の精神科訪問看護師の予防的介入に関して-、第20回日本精神障害者リハビリテーション学会抄録、2012
  • 相澤和美、危機が予測される在宅精神障害者に対する危機介入モデルの生成-病院所属の精神科訪問看護師の場合- 国際医療福祉大学院看護学博士論文、2013
  • 相澤和美、学生のための精神医学 第3版、地域精神保健医療・精神障害福祉、P194~203.医歯薬出版株式会社、2014
  • 宇佐美しおり、相澤和美、岡谷恵子、再入院・長期入院予防を目的とした専門性の高い看護師による精神障害者への療養マネジメントの評価、看護系学会等社会保険連合研究助成 報告書、2014
  • 相澤和美、松井洋子、望月明宏他、地域ケアの魅力 病棟と地域の垣根を越えて、精神科看護、Vol.41. No256. P4~12.2014
  • 宇佐美しおり、田中美恵子、相澤和美他、精神看護実践における倫理的課題と対処方法の実態、日本精神保健看護学会誌、Vol.23. No1. P112~131.2014
  • 相澤和美、【ユーザーニーズ実現につながる人材育成】 各職種の現状から見えてくる人材育成の展望、精神障害とリハビリテーション、Vol.18. No1. P21~41.2014
  • 相澤和美、精神科領域における訪問看護と多職種連携-精神科訪問看護における危機介入と多職種連携-、第14回日本外来精神医療学会抄録集(講演)、P60.2014
  • Kazumi Aizawa .Junko Miyagi. Study on the Assessment at Crisis Intervention by Visiting Nurse affiliated with a Hospital -An examination based on the model of crisis intervention for the person with mental disorder at home-, Asian Society of Human Service Congress in Seoul, Soul,2015(最優秀研究発表賞受賞)
  • 相澤和美、訪問看護における高齢精神障害者支援、精神障害とリハビリテーション学会誌19(2号).P163-168.2015
  • 相澤和美、リカバリーを共に目指す自生的運動体の「かな研」、精神科看護、Vol.43. No280. P3~18.2015
  • 宇佐美しおり、相澤和美、「老年期うつ病ケアガイドライン」老年期のうつ病患者・家族への対応、日本精神保健看護学会誌、Vol.24. No2. P105~124.2015
  • 相澤和美、医療の場にリカバリー志向の風が吹く~ピアサポート活動(地域移行・地域定着支援)からの報告、リカバリー全国フォーラム2015報告集.P22地域精神保健福祉機構(コンボ)、.2016

連絡先

  • TEL:0465-21-6702
  • E-mail:
    aizawa13@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )