大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 世良 喜子

教員情報

世良 喜子

世良 喜子
(せら よしこ)教授

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 大田原キャンパス

略歴

群馬大学医療技術短期大学部看護学科、青山学院大学教育学科卒業、日本赤十字看護大学大学院修士課程(小児看護学)修了。
聖路加国際病院、東京衛生病院での臨床経験の後、三育学院短期大学助教授、福岡県立大学看護学部講師、国際医療福祉大学准教授を経て、2012年より現職。

学位

修士(看護学)日本赤十字看護大学大学院

専門分野

小児看護学 看護教育学

担当科目

【小児看護学領域】
小児看護学講義Ⅰ・Ⅱ 小児看護学演習 I・Ⅱ 小児看護学研究指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
【看護教育学】
看護教育論 看護学講義Ⅰ・Ⅱ 看護教育学演習Ⅰ・Ⅱ 看護学教育研究指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

研究指導テーマ

子どものヘルスプロモーション 重度心身障害児の看護
小児看護師の技 小児看護学教育

大学院入学希望者に望むこと

探究することは、苦しさもありますが、楽しいことです。
一緒に「苦楽しさ」を体験しましょう!

自身の研究テーマ

子どもと保護者のヘルスリテラシー育成
就学前の子どもにからだの知識を教える健康教育の構築

研究業績

世良喜子:子どもの日常を支援する技術,手順・留意点・根拠で学ぶ実践看護技術Ⅱ,178-192,2008,杏林図書
世良喜子:心身の障害のある子どもを支援する技術,手順・留意点・根拠で学ぶ実践看護技術Ⅱ,222-250,2008,杏林図書
世良喜子:生命維持看護<日効果的気道浄化>状態にある患児の看護,ロイ適応モデルによる看護実践ガイド-診断・介入・評価―,109-124,1998,メジカルフレンド社
村田惠子,長田泉,世良喜子,下泉秀夫,伊藤都:障害児の在宅ケア向上のための家族ケアプログラムの開発‐施設・地域連携型継続ケアシステムと家族中心ケアの統合的アプローチ.国際医療福祉大学在宅ケア研究センター報告書,94-102,2007.
世良喜子:幼児のヘルスリテラシー育成に向けた保育士の認識と実践,第35回日本看護科学学会,2015
世良喜子:5~6歳児にからだの構造と機能を教えることに対する大人の認識と実践,日本質的心理学会第12回大会,2015
世良喜子:幼児のヘルスリテラシー育成に向けた保護者の認識とかかわり,第5回国際医療福祉大学学会学術集会,2015
近藤邦,稲葉史子,世良喜子:iPadが小児看護技術演習のデブリーフィングに及ぼす効果,第5回国際医療福祉大学学会,2015
世良喜子:幼児にからだのしくみを教えることに対する保育士の認識とかかわり,第24回日本小児看護学会学術集会,2014
世良喜子,高瀬佳苗,小西美樹他:小児看護学実習における未就学児を対象に企画・実施した「体のしくみの健康教育」での学生の学び,第34回日本看護科学学会学術集会,2014
世良喜子,石井祐子:激震から離れた比較的被害が少なかった地域の幼児の震災後の反応や行動に対する母親の捉えかたおよび対処,第23回日本小児看護学会学術集会,2013
藤田愛子,世良喜子:障害児施設における自然災害発生時の看護の困難さ DIG(災害図上訓練)実施中のディスカッションの中から,日本看護学会論文集:看護管理,42,537-540,2012
松本郁子,郷間悦子,松本京子,岡美香,木内敦夫,世良喜子:産後2ヵ月間の母親の育児支援のニーズに関する調査,第1回国際医療福祉大学学会,2011
世良喜子,高瀬佳苗:病院での臨床経験がある看護師の重症心身障害児のケアに対するイメージの変化,第30回日本看護科学学会学術集会,2010
世良喜子:イメージマップからとらえた小児看護学実習前後の「子どもの看護」のイメージの変化,日本質的心理学会第8回大会,2010
世良喜子,高瀬佳苗:看護師経験がある看護師の重症心身障害児へのケアと思いの変化,第36回日本重症心身障害学会学術集会,2009
村田恵子,長田泉,世良喜子,石川福江,青木雅子,岩崎孝子,内正子:重度身体障害児の在宅ケアにおける家族機能と影響要因,第21回日本家族看護学会学術集会,2007
石川福江,村田恵子,長田泉,世良喜子,岩崎孝子,内正子:在宅重度身体障害児を養育する家族員の燃えつきへの影響要因,第21回日本家族看護学会学術集会,2007
長田泉,村田恵子,青木雅子,石川福江,世良喜子,岩崎孝子:重度身体障害児の在宅ケアにおける家族ストレス・対処と援助期待,第21回日本家族看護学会学術集会,2007
<研究費獲得>
科研費(基盤研究C)平成28年度~平成30年度 代表 幼児を育てる保護者のヘルスリテラシー尺度の開発とヘルスリテラシーの関連要因

科研費(基盤研究C)平成24年度~平成27年度 代表 保育園との連携・共同による5~6歳児にむけた体の構造と機能を学ぶ健康教育の構築

連絡先

  • TEL:0287-24-3136
  • E-mail:
    y.sera@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )