大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 磯野 真穂

教員情報

磯野 真穂

磯野 真穂
(いその まほ)准教授

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

略歴

2009.4 早稲田大学アジア太平洋研究センター助手
2011.4 早稲田大学文化構想学部複合文化論系助教

学位

博士(文学)

専門分野

文化人類学・医療人類学

担当科目

医療人類学 I & II、文化人類学、質的調査方法概論、看護研究法I(質的研究法)、英語論文執筆演習

研究指導テーマ

ナラティブ、ライフストーリー、エスノグラフィー、患者の視点、医療者の暗黙知など、医療人類学的視座を用いた質的研究

大学院入学希望者に望むこと

自身の現場を徹底的に相対化する作業を通じて現場を知る者ならではの研究を実施して下さい。

自身の研究テーマ

身体感覚、ナラティブ、摂食障害、循環器疾患、漢方、医師ー患者関係
詳細はこちら

研究業績

Isono, M. (2003.3). Thinness in Asia: Eating Disorders in Singapore as see through Anthropological Eyes. Department of Anthropology. Corvallis, Oregon State University. M.A.(Applied Anthropology)
磯野真穂 (2010.5). 医療の語らなかった摂食障害―摂食障害の食の文化人類学的探究. 早稲田大学文学研究科. 東京, 早稲田大学. 博士(文学)
Isono, M. (2008.4). The Emergence of Body Image Disturbance in Singapore. Dissonant Disabilities: Women with Chronic Illnesses Theorize Their Lives. M. Owen and D. Driedger. Toronto, CSPI/Women's Press: 65-74.
Isono, M., P. Watkins, et al. (2009.11). Bon Bon Fatty Girl. Fat Studies Reader. S. Sondra and R. Esther. New York, New York University Press:127-139.
磯野真穂 (2013.8).「摂食障害において親を発症原因とすることの意義と弊害一拒食症の1事例に対する「物語」の視点を用いた質的解析-」 『心身医学』 53(9):849-856 、心身医学会.
磯野真穂、上田みどり、福田秀彦、住吉徹哉. 『降圧薬に対する患者の理解の質的考察―循環器外来と漢方外来を訪れる患者の降圧薬についての語りの質的解析を通して―』臨床薬理:45(3).2014.

連絡先

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )