2021年度 後期

#06 前例を超える・前例を創る~その様々な挑戦(現場で学ぶ医療福祉倫理)

コーディネーター:大熊 由紀子 教授(医療福祉ジャーナリズム分野)

前例を超え、前例を創る挑戦が、医療や福祉の世界で広がっています。
両目と両手を失いながら唇で点字を読んで世界史の教師になり生徒から慕われる藤野高明さん、聴こえない身でつくった映画が次々とヒットする今村彩子さん、看護や精神医療の世界に新しい風を吹き込んでいる漫画家……。壁とぶつかり、飛び越えた経験を、弁護士やナースなど専門職、障害や病気を体験した方々から学びます。海外からもゲスト講師が。

開催日時 9月15日開始/水曜/19:45~21:15
受講形態 【Web受講】
収録した講義映像をインターネット上で視聴いただくサービスです。
受講期間内であれば、いつでも何度でも視聴が可能です。

【対面受講】
予約制で実施いたします。
※予約方法など参加時の注意事項はこちら
※人数制限により、ご希望に応じかねる場合がございます。
※新型コロナウイルス感染の状況により受講形態の変更の可能性がございます。
受講料 一般:40,000円(全15回)
(2名申込33,000円/1名・3名申込31,000円/1名・4名以上申込29,000円/1名)

今期開講される、他の講座(受講料30,000円以上のもの)を同時にお申込される場合は、1講座あたり5,000円の割引があります。その他、港区在住・在勤の方を対象としたものなど、各種割引制度がございます。(割引制度はお一人様、一種のみの適用となります)

※港区在住・在勤の方等、割引の適用がある場合は、「申し込み区分」にて該当する項目をお選びください。
定員 80名

⇔横にスクロールしてご覧いただけます。

       
日時
(Web配信は
2日後以降)
講義名・講義内容
※日時・内容・講師等は
変更になる場合があります。
講師
1 9/15(水)
19:45~21:15
パラダイム転換を引き起こした思想の数々 国際医療福祉大学大学院
教授 大熊 由紀子
2 9/22(水)
19:45~21:15
患者の思いと「人生会議」 卵巣がん体験者の会スマイリー
代表 片木 美穂 先生
3 9/29(水)
19:45~21:15
Webのみ
判事・検事・研究者を経験して考える
医療事故の倫理
中京大学 法務総合教育研究機構
教授 稲葉 一人 先生
4 10/6(水)
19:45~21:15
看護や医療を
漫画で深める
『やってみたくなるオープンダイアローグ』共著者
水谷 緑 先生
5 10/13(水)
19:45~21:15
聴こえない身で
つくり続けた映画から生れたもの
映画監督
今村 彩子 先生
6 10/20(水)
19:45~21:15
絵本から始まった
認知症になっても安心なまちづくり
大牟田市認知症ライフサポート研究会
大谷 るみ子 先生
7 10/27(水)
19:45~21:15
両目と両手を失い
教師となる夢をかなえて
大阪市立盲学校西洋史担当・前教師
元全日本視覚障害者協議会
会長 藤野 高明 先生
8 11/3(水)
19:45~21:15
エンゼルカードで両親を支え
医療者を変える
「小さないのち」代表
坂下 裕子 先生
9 11/10(水)
19:45~21:15
前例を変える手法
~日本と海外を比較して~
国際医療福祉大学大学院
教授 大熊 由紀子
10 11/17(水)
19:45~21:15
尊厳なきバリアフリー:
「心・やさしさ・思いやり」に異議あり
一級建築士・前東洋大学教授
川内 美彦 先生
11 11/24(水)
19:45~21:15
失禁に関心をもつ医師が
わずか4人だった時代、そして、いま
日本コンチネンス協会
葛西 善憲 先生
12 12/1(水)
19:45~21:15
かかりつけ医(GP)から見た
新型コロナ禍における英国の医療
英国在住 General Practitioner
澤 憲明 先生
13 12/8(水)
19:45~21:15
たいへん障害の重い人たちが拓いてきた
地域での暮らし
西宮市社会福祉協議会
副理事長 清水 明彦 先生
14 12/15(水)
19:45~21:15
裁判で変える
ハンセン病・薬害スモン・薬害エイズ
再び始まる子宮頸ガンワクチン被害
弁護士
徳田 靖之 先生
15 12/22(水)
19:45~21:15
ゲスト講師から学んだこと、
実行にうつしたこと
国際医療福祉大学大学院
教授 大熊 由紀子