2021年度 後期

#04 地域医療ビッグデータ入門~医療・介護・社会指標の地域別データを活用してみよう~(医療福祉データジャーナリズム特論)

コーディネーター:埴岡 健一 教授(医療福祉ジャーナリズム分野)・丸木 一成 教授(医療福祉ジャーナリズム分野責任者)

医療・介護・福祉に関する地域別のアウトカム指標(健康寿命、死亡率、要介護率など)、プロセス指標(患者数、標準化レセプト出現比、サービス使用量など)、ストラクチャー指標(医師数、保健師数、医療スタッフ数、施設数など)が、だれにでも容易にオープンデータで入手できるようになってきました。政策立案者(行政担当者、保健師…)、提供者(医師、看護師、医療関連産業従事者…)、住民(患者、利用者、住民…)、メディア(記者、ライター…)ーーいずれの立場であれ、これを活用して地域の課題解決につなげたいものです。データの読み解き方や扱い方などについて、一線の講師にレクチャーをいただきます。
また、受講生が実際にデータを触ってグラフなどを作成する機会も作ります。挑戦したい方には可視化ツール(Tableau)のライセンスを配布し、実際に見える化を体験できるようにする予定です。恒例の受講生希望者によるデータ・コンペも行います。医療計画、がん計画、循環器病計画、介護計画など医療福祉分野に関連するテーマについて、自分の関心に応じたデータの分析を始める機会としてください。数字やデータが苦手な文系の方向けの地域医療ビッグデータ入門です。ほぼ、毎週土曜日20時からウェブ懇親会も開催しますので、受講者同士の親交を深め、意見交換・情報交換も行ってください。

開催日時 9月10日開始/金曜/19:45~21:15 ※一部変則日程あり
受講形態 【Web受講】
収録した講義映像をインターネット上で視聴いただくサービスです。
受講期間内であれば、いつでも何度でも視聴が可能です。

【対面受講】
予約制で実施いたします。
※予約方法など参加時の注意事項はこちら
※人数制限により、ご希望に応じかねる場合がございます。
※新型コロナウイルス感染の状況により受講形態の変更の可能性がございます。
受講料 一般:40,000円(全15回)
(2名申込33,000円/1名・3名申込31,000円/1名・4名以上申込29,000円/1名)

今期開講される、他の講座(受講料30,000円以上のもの)を同時にお申込される場合は、1講座あたり5,000円の割引があります。その他、港区在住・在勤の方を対象としたものなど、各種割引制度がございます。(割引制度はお一人様、一種のみの適用となります)

※港区在住・在勤の方等、割引の適用がある場合は、「申し込み区分」にて該当する項目をお選びください。
定員 30名

⇔横にスクロールしてご覧いただけます。

日時
(Web配信は
2日後以降)
講義名・講義内容
※日時・内容・講師等は
変更になる場合があります。
講師
1 9/10(金)
19:45~21:15
オリエンテーション 国際医療福祉大学大学院
教授 埴岡 健一

国際医療福祉大学大学院
教授 丸木 一成
2 9/17(金)
19:45~21:15
主要なオープンデータ情報源を活用する 国際医療福祉大学大学院
教授 埴岡 健一
3 9/24(金)
19:45~21:15
地域診断のために、「地域の医療提供体制の現状 - 都道府県別・二次医療圏別データ集」を活用する 国際医療福祉大学大学院
教授 高橋 泰
4 10/1(金)
19:45~21:15
医療提供における課題を発見するために、NDB(ナショナルデータベース)を活用する 千葉大学医学部附属病院
次世代医療構想センター
センター長・特任教授 吉村 健佑 氏
5 10/15(金)
19:45~21:15
3大疾患(がん・脳卒中・心疾患)の課題抽出のための、地域別評価データ集を理解する 株式会社ウェルネス
戦略企画本部 渡部 鉄兵 氏
6 10/22(金)
19:45~21:15
可視化ツールに入門する 国際医療福祉大学大学院
教授 埴岡 健一
7 10/29(金)
19:45~21:15
(需要推計、DPC、NDB、病床機能報告データ等による)地域診断のために、可視化ツールを活用する 国際医療福祉大学大学院
教授 石川 ベンジャミン 光一
8 11/5(金)
Webのみ
3大疾患(がん・脳卒中・心疾患)の地域別評価のために、可視化ツールを活用する 株式会社Medysis
代表 柴田 修一 氏
9 11/12(金)
19:45~21:15
市区町村別介護保険の現状と課題把握のために、介護関係データセット(保険者シート)を活用する 医療経済研究機構
松本 佳子 氏
10 11/26(金)
19:45~21:15
地域の課題抽出のために、医療・介護・福祉・社会の横断的データセットを活用する 日本経済新聞社東京本社編集局
社会保障エディター 前村 聡 氏
11 12/3(金)
19:45~21:15
がん対策の地域別評価のために、(がん登録、患者調査、NDB等の)横断データセットを活用する 国際医療福祉大学大学院
教授 埴岡 健一
12 12/10(金)
19:45~21:15
医療介護連結データ活用時代を展望する 筑波大学 ヘルスサービス開発研究センター長
教授 田宮 菜奈子 氏
13 12/17(金)
Webのみ
インパクト評価のための統計分析に入門する 国際開発センター評価部
主任研究員 佐々木 亮 氏
14 1/8(土)
16:20~17:50
受講生データ・コンペ発表会 受講生
15 1/8(土)
18:00~19:30
受講生データ・コンペ発表会/全体まとめ 受講生
国際医療福祉大学大学院
教授 埴岡 健一

国際医療福祉大学大学院
教授 丸木 一成