2021年度 後期

#03 医療制度・政策を解き明かす―歴史・比較・展望―(医療制度・政策論)

コーディネーター:島崎 謙治 教授(医療経営管理分野)

コロナ禍を機に医療に関する提言が活発に行われていますが、医療制度はさまざまな要素から成る複雑な仕組みであり、その改革は一筋縄ではいきません。本講座では、『日本の医療-制度と政策〔増補改訂版〕』(東京大学出版会,2020年)をテキストとして、歴史分析および国際比較により日本の医療制度の特質を浮き彫りにしたうえで、医療政策の課題と将来展望を解き明かします。なお、コロナ禍が医業経営に及ぼす影響、2022年診療報酬改定の見通し、地域医療構想や医師の働き方改革の動向等についても、最新情報に基づき解説します。※テキストは各自購入してください。

開催日時 9月10日開始/金曜/18:00~19:30
受講形態 【Web受講】
収録した講義映像をインターネット上で視聴いただくサービスです。
受講期間内であれば、いつでも何度でも視聴が可能です。

【対面受講】
予約制で実施いたします。
※予約方法など参加時の注意事項はこちら
※人数制限により、ご希望に応じかねる場合がございます。
※新型コロナウイルス感染の状況により受講形態の変更の可能性がございます。
受講料 一般:40,000円(全15回)
(2名申込33,000円/1名・3名申込31,000円/1名・4名以上申込29,000円/1名)

今期開講される、他の講座(受講料30,000円以上のもの)を同時にお申込される場合は、1講座あたり5,000円の割引があります。その他、港区在住・在勤の方を対象としたものなど、各種割引制度がございます。(割引制度はお一人様、一種のみの適用となります)

※港区在住・在勤の方等、割引の適用がある場合は、「申し込み区分」にて該当する項目をお選びください。
定員 50名

⇔横にスクロールしてご覧いただけます。

日時
(Web配信は
2日後以降)
講義名・講義内容
※日時・内容・講師等は
変更になる場合があります。
講師
1 9/10(金)
18:00~19:30
コロナ禍で明らかになった日本の医療制度・政策の課題 国際医療福祉大学大学院
教授 島崎 謙治
2 9/17(金)
18:00~19:30
日本の医療制度の歴史1-戦前から国民皆保険実現前
3 9/22(水)
18:00~19:30
日本の医療制度の歴史2-国民皆保険達成から拡充期
4 10/1(金)
18:00~19:30
日本の医療制度の歴史3-低経済成長と医療療制度の見直し
5 10/15(金)
18:00~19:30
医療制度の国際比較1-総論およびドイツ
6 10/22(金)
18:00~19:30
医療制度の国際比較2-米国およびスウェーデン
7 10/29(金)
18:00~19:30
医療保険制度1-社会保険の意義、医療費の増加要因
8 11/5(金)
18:00~19:30
医療保険制度2-医療費の財源、混合診療をめぐる法理
9 11/12(金)
18:00~19:30
医療保険制度3-被用者保険および国民健康保険
10 11/19(金)
18:00~19:30
医療保険制度4-高齢者医療制度および保険制度総括
11 11/26(金)
18:00~19:30
医療供給制度1-医師・患者関係、医療の機能分化・連携
12 12/3(金)
18:00~19:30
医療供給制度2-医師の働き方改革、病院のガバナンス
13 12/10(金)
18:00~19:30
医療供給制度3-政策誘導手法としての診療報酬の意義
14 12/17(金)
18:00~19:30
医療供給制度4-地域医療構想および保険者機能論
15 12/24(金)
18:00~19:30
総括:医療政策の将来展望-ポストコロナを見据えて