コースのご案内 GUIDANCE

#16 DPCコーディング(DPCコーディング)

コーディネーター:伊藤 由美 准教授(診療情報アナリスト養成分野)

DPC/PDPS制度、診断群分類の意味やコーディングルールを再認識することから始め、DPCデータを活用して得られる情報について学習します。模擬診療記録を用いてDPCコーディングの演習を行う過程で、傷病名の選択方法や退院サマリー・経過記録の読みとり方、DPCコーディング、DPCデータの精度について考え、現場で活躍する診療情報管理士とともに討議を行います。また、DPC制度のトップリーダーからは、DPCデータを診療プロセスから分析する実践例や今後の制度の方向性とDPCデータの活用方法を学びます。

開催日時 10月19日開始/毎月第3土曜/13:00~17:50
受講会場 国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス
(東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅A出口 徒歩3分)
受講料 一般:25,000円(全3日間)
(2名申込20,000円/1名・3名申込18,000円/1名・4名以上申込16,000円/1名)

※港区在住・在勤の方等、割引の適用がある場合は、「申し込み区分」にて該当する項目をお選びください。
定員 13名

⇔横にスクロールしてご覧いただけます。

日時 講義名・講義内容
(内容は変更になる場合があります)
講師
1 10/19(土)
13:00~17:50
オリエンテーション(授業計画紹介,自己紹介)
①DPC/PDPS制度の概要とDPCコーディング&DPCデータとは何か(各種様式,Kコード・外保連コード等)
②DPCコーディング演習(ウォーミングアップ問題)
③診療情報管理士の視点で行うDPCコーディング
-適正な請求のために実施すべきポイントとは-
①② 国際医療福祉大学大学院
准教授 伊藤 由美

③信州大学医学部附属病院
経営推進課経営分析係
主査 齋藤 知子
2 11/16(土)
13:00~17:50
①DPC制度におけるコーディングルールと診療記録
②DPCコーディング演習(模擬診療記録等を用いたDPCコーディング,グループ間の比較評価)
③診療プロセス分析の実例
①② 国際医療福祉大学大学院
准教授 伊藤 由美

国際医療福祉大学大学院
教授 石川 ベンジャミン 光一
3 12/21(土)
13:00~17:50
①DPC制度における各種様式(DPCデータ様式1・Hファイル等)
②DPCコーディング演習(様式1と重症度、 医療・看護必要度評価票作成)
③DPC制度の今後と医療情報の活用
①② 国際医療福祉大学大学院
准教授 伊藤 由美

③東京医科歯科大学大学院
医療政策情報学分野 教授
同医学部附属病院
クオリティ・マネジメント・センター長
国立病院機構本部総合研究センター診療情報分析部長(兼任) 教授 伏見 清秀

受講の申し込み

受講の申し込みは、
申し込みフォームから承っています。

申し込みする
所在地・連絡先

国際医療福祉大学大学院 東京赤坂キャンパス
乃木坂スクール事務局
〒107-8402 東京都港区赤坂 4-1-26
TEL:03-5574-3902
FAX:03-5574-3901
E-mail:nogizaka@iuhw.ac.jp

遠隔会場アクセスマップ
関連施設