トップページ > #17 高齢者における摂食嚥下・認知機能障害の言語聴覚療法最前線

#17 高齢者における摂食嚥下・認知機能障害の言語聴覚療法最前線

倉智 雅子 教授・藤田 郁代 教授(言語聴覚分野)

加齢に伴い認知機能及び摂食嚥下機能は変化していきますが、両者は密接に関連しています。高齢者を対象とした言語聴覚療法では両機能の障害特徴および相互作用を総合的に把握し治療を提供することが重要です。本講座では、嚥下機能については嚥下造影検査(VF)、認知機能については言語・認知機能評価について最前線の知識・技術を解説しながら、両情報の臨床への適用について学んでいきます。

開催日時 10月13日開始/土曜/14:40~17:50
受講会場 国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス
(東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅A出口 徒歩3分)

【サテライト会場】
大田原本校・小田原・熱海・福岡・大川・成田各キャンパス
(遠隔授業システムによる同時双方向授業)

インターネットによる視聴サービスをご利用いただけます。
受講料 一般:21,000円(全4回) ※表示価格は全て税込です。
(2名申込17,000円/1名・3名申込15,000円/1名・4名以上申込13,000円/1名)

※港区在住・在勤の方等、割引の適用がある場合は、「申し込み区分」にて該当する項目をお選びください。
(割引制度はお一人1種のみの適用となります)
定員 20名
日時 講義名・講義内容
(内容は変更になる場合があります)
講師
1 10/13(土)
14:40~17:50
加齢に伴う摂食嚥下・認知機能の変化 国際医療福祉大学
教授 倉智 雅子

国際医療福祉大学大学院
教授 藤田 郁代
嚥下のメカニズム理解の強化
正常嚥下のVF画像はどこまで解析できるのか
国際医療福祉大学
教授 倉智 雅子
2 10/20(土)
14:40~17:50
嚥下の病態理解の強化
嚥下障害のVF画像はどこまで解析できるのか
国際医療福祉大学
教授 倉智 雅子
画像解析結果の解釈力強化
高齢者の食支援にどうつなげるか
3 10/27(土)
14:40~17:50
認知症における摂食嚥下の問題をいかに理解するか 国際医療福祉大学
教授 倉智 雅子
軽度認知障害の神経心理学的症状と評価 国際医療福祉大学大学院
教授 藤田 郁代
4 11/3(土)
14:40~17:50
認知症の言語・コミュニケーション障害 国際医療福祉大学大学院
教授 藤田 郁代
認知症の言語・コミュニケーション障害への対応
申し込みする

受講の申し込み

受講の申し込みは、申し込みフォームから承っています。

申し込みする
所在地・連絡先

※東京青山キャンパスは平成30年4月より東京赤坂キャンパスに移転となりました。

国際医療福祉大学大学院
東京赤坂キャンパス
乃木坂スクール事務局
〒107-8402
東京都港区赤坂 4-1-26
TEL:03-5574-3902
FAX:03-5774-3901
E-mail:nogizaka@iuhw.ac.jp

遠隔会場アクセスマップ
関連施設