トップページ > コースのご案内 > #04 2025年に向けた、さらなる支援機器の活用(生活支援機器概論)

#04 2025年に向けた、さらなる支援機器の活用(生活支援機器概論)

コーディネーター:中村 秀一 教授(医療経営管理分野)・東畠 弘子 教授(福祉支援工学分野)

2025年に向けて介護ロボット、ICTの開発は加速しています。開発から、実用、普及の段階に入ってきました。単なる道具ではなく、人と人とをつなぐ役割として、またケアの標準化、効率化を図る手段として、ICT、支援機器はさまざまな進化を遂げています。制度の中での福祉用具の利用から、就労や住まい、街づくりに至るまで広い活用が期待されています。各分野のフロントランナーから話を聞き、2025年、さらにその先に向けた支援機器の在り方を考えます。

開催日時 4月17日開始/火曜/18:00~19:30
受講会場 国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス
(東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅A出口 徒歩3分)

【サテライト会場】
大田原本校・小田原・熱海・福岡・大川・成田各キャンパス
(遠隔授業システムによる同時双方向授業)

インターネットによる視聴サービスをご利用いただけます。
受講料 一般:36,000円(全12回)
(2名申込28,000円/1名・3名申込26,000円/1名・4名以上申込24,000円/1名)

今期開講される、乃木坂スクールのほかの講座(受講料30,000円以上のもの)を同時にお申込される場合は、1講座あたり5,000円の割引があります。(割引制度はお一人1種のみの適用となります)

※港区在住・在勤の方等、割引の適用がある場合は、「申し込み区分」にて該当する項目をお選びください。
定員 30名
日時 講義名・講義内容
(内容は変更になる場合があります)
講師
1 4/17(火)
18:00~19:30
総論/支援機器・介護ロボットの現状 横浜市総合リハビリテーションセンター
部長 渡邉 慎一
2 4/24(火)
18:00~19:30
総論/高齢者の住まいの整備と取り巻く環境 国土交通省 住宅局安心居住推進課 課長 石坂 聡
3 5/8(火)
18:00~19:30
2018年改正・福祉用具貸与事業の対応と影響 カクイックスウィング株式会社・全国福祉用具専門相談員協会
社長・理事長 岩元 文雄
4 5/15(火)
18:00~19:30
介護ロボット開発と普及の取り組み/採択商品紹介 テクノエイド協会
企画部長 五島 清国
パナソニック株式会社
河上 日出夫
5 5/22(火)
18:00~19:30
俯瞰で考える/訪問介護事業から見た支援機器。今後の可能性 株式会社浜銀総合研究所
地域戦略研究部
主任研究員 田中 知宏
6 5/29(火)
18:00~19:30
先進事例/特養ホームでの介護ロボット導入事例 社会福祉法人善光会
最高執行責任者 宮本 隆史
7 6/5(火)
18:00~19:30
ベンチャー最新紹介/おむつからの119番、大学生がアイデアから企業化に至るまで 株式会社aba
社長 宇井 吉美
8 6/12(火)
18:00~19:30
先端紹介/介護ロボットで要介護者の環境を整える 株式会社テムザック
代表取締役 髙本 陽一
9 6/19(火)
18:00~19:30
事業紹介/訪問リハで適合評価、福祉用具の利用を促進 株式会社モノ・ウェルビーイング
代表 榊原 正博
10 6/26(火)
18:00~19:30
ベンチャー最新紹介/分身ロボット・オリヒメの進化 株式会社オリィ研究所代表
ロボットコミュニケーター
吉藤 健太朗
11 7/3(火)
18:00~19:30
想いを伝える/‘手づくり’を大事に。車いすの製作とは 有限会社パムック/日本車椅子シーティング協会副代表
理事 川畑 善智
12 7/10(火)
18:00~19:30
未来へつなぐ/2025年に向けて、支援機器が旅を助ける NPO法人日本トラベルヘルパー協会
代表理事 篠塚 恭一
申し込みする

受講の申し込み

受講の申し込みは、申し込みフォームから承っています。

申し込みする
所在地・連絡先

※東京青山キャンパスは平成30年4月より東京赤坂キャンパスに移転となります。

国際医療福祉大学大学院
東京赤坂キャンパス
乃木坂スクール事務局
〒107-0052
東京都港区赤坂 4-1-26
TEL:03-6406-8621
FAX:03-6406-8622
E-mail:nogizaka@iuhw.ac.jp

遠隔会場アクセスマップ
関連施設