医療も福祉もマネジメントもわかる人材の育成

医療福祉・マネジメント学科 4つのポイント

とにかく就職に強い

2016年度の就職率は100%
本学科では「医療」と「福祉」そして「マネジメント」を学ぶことができます。ただ専門技術を身につけるのではなく、さまざまな考え方や視点を学ぶことができるので、社会から必要とされる人材になれます。

就職率を高めるための大学のサポートも充実。就職支援、キャリア支援を行うために「キャリア支援センター」を設置しています。求人情報の提供や就職ガイダンスの実施をはじめ、在学生および卒業生に対するキャリア支援プログラムの開発・提供を行っています。

就職率100% 求人数24,329名

※2016年度卒業生の実績

全国トップレベルの資格試験合格率

充実の国家試験対策/ダブルライセンスをめざせるコースもあります

数多くの模擬試験や対策講座を実施。全国的にも高い合格率を誇っています。 国家資格のダブルライセンスをめざせるコースもあり、多くの先輩たちが2つの国家資格取得に成功しています。

全国トップレベルの資格試験合格率

※本学合格率は2017年3月卒業生の合格率

社会に出てすぐに役立つ学びを提供

社会に出て即戦力になれる実践的なカリキュラム

附属病院や関連施設での豊富な実習や、グループワークを通して現場で使用する技術やコミュニケーション能力を身につけることができます。実習で学ぶ介護技術や相談援助技術、また簿記や会計、IT技術は社会に出てすぐに役立つので即戦力として活躍できます。

現場の最前線で活躍する教員陣

現場経験の豊富な教員が揃っています。現場での取り組みに裏打ちされた教員による指導は、実践的で最新の知識や技術が習得できます。

行政経験豊富な地域福祉の専門家
小林雅彦 教授・学科長
  • 高等学校福祉科用教科書 「社会福祉基礎」(文部科学省 検定済教科)執筆。
  • 日本で唯一の「民生委員のための福祉活動Q&A」シリーズ執筆。
病院マネジメントのスペシャリスト
山本 康弘 教授・副学科長
  • 日本初となる博士号を持つ診療情報管理士指導者。
  • 国立病院と民間病院での実務経験を有する。

少人数教育で充実の学びをバックアップ

手厚くきめ細かい指導体制

1年次に必須科目として、「入門ゼミナール」を設置。15人程度のクラスに分け、各クラスに担任教員がつきます。 2年次以降も専門演習やゼミナールなどで担任制を採用。

学修や実習のほか、進路や就職先、日常生活の悩みごとについても、担任教員が相談にのり、一緒に考え、アドバイスすることで、学業の面でも日常生活の面でも有意義で充実した大学生活を送れるようサポートします。

コース紹介

1年次総合的に学ぶ

  • 「医療」・「福祉」・「マネジメント」の基礎を学び、1年間じっくり自分の適性を見極め、2年次以降の専門コース選択に備える。
  • 少人数の入門ゼミで「医療」・「福祉」に必要な人間性を育むなかで、グループ討論などを通してコミュニケーション能力に磨きをかける。
  • 附属病院や福祉施設での見学実習を通して、早い段階から「生きた専門知識」を学んでいく。

2~4年次コース別に専門的に学ぶ

コース別に専門的に学ぶ

活躍する卒業生

饗庭 啓将さん
2010年3月卒業
足利市役所 福祉部 いきいき長寿課 勤務
地域支援担当
栃木県立氏家高等学校
(現:さくら清修高等高校)出身

ダブルライセンスを取得することができました

医療福祉について幅広く学びたいと思い、国際医療福祉大学に進学。

社会福祉士と介護福祉士の資格を取得しました。実習やゼミで、他職種への理解を深め、いろいろな視点や考え方を身につけることができました。

学生時代の学びは今の業務にとても役立っています。

  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 福祉住環境コーディネーター2級

相馬 優未さん
2014年3月卒業
国際医療福祉大学病院 医事課 勤務
入院担当
栃木県立黒磯高等学校出身

学びに積極的な姿勢を身につけることができました

在学中に取得した診療情報管理士の資格を生かしたいと思い、大学の附属病院に就職しました。

学生時代に多くの資格を取得したことは大きな強みになっています。ゼミでは模擬面接など実践的な対策も行い、就職活動に役立ちました。これからも新しい知識を学び、地域に貢献していきたいと思います。

  • 診療情報管理士
  • 経営学検定初級
  • 医療情報基礎知識検定
  • 日本商工会議所簿記検定3級
  • 医療経営士3級資格認定試験
  • 医師事務作業補助技能認定試験

就職に強い理由

就職率100% 求人数24,329名

医療福祉・マネジメント学科は就職に強い!

卒業生の就職先の一例です。先輩たちは全国各地の医療機関や福祉施設、官公庁・各種団体、一般企業などに就職しており、活躍の場はますます広がっています。

医療福祉・マネジメント学科は就職に強い!
トピックス

全国トップレベルの国家試験合格率

  • 社会福祉士国家試験合格率
    全国1位※(受験者数100人以上の大学)
  • 精神保健福祉士 国家試験合格者数
    全国1位※(35人合格)

※順位は4年制大学(通信教育課程を除く)養成校における2017年3月卒業生の実績

本学の学生が快挙!

下野新聞 2015年1月27日付より

経営学検定初級 全国トップ合格!

診療情報管理コースに所属する高橋美里さんは、企業や病院の経営について学ぶ講義のなかですすめられた経営学検定初級を2年次に受験し、全国トップで合格しました。

経営学検定は、経営に関する専門的な知識や問題解決能力を全国レベルで認定する資格試験で、就職活動やキャリアアップにもつながる資格です。

検定を主催する日本経営協会によれば、高橋さんが受験した2014年度の試験は、受験者数1086人、合格率54.2%であり、医療福祉系の学生がトップで合格するのは非常に珍しいとのことでした。

本学の取り組み

国際医療福祉大学のボランティア活動が表彰されました!

宮城県岩沼市の植樹祭に参加

国際医療福祉大学では、医療福祉の専門職に必要とされる「豊かな人間性」と「社会性」を育む場として、ボランティア活動への参加を積極的にすすめています。

学内には約30のボランティアクラブ・サークルがあり、病院や福祉施設、地域でのボランティアなど活発に活動しています。

東日本大震災の復興支援も継続しており、毎年、医療福祉・マネジメント学科の学生が中心となって、宮城県岩沼市での植樹祭への参加や大学祭で岩沼産野菜の販売、売上金の寄付などを行っています。その実績に対し、「岩沼市功労者表彰」が本学に贈られました。

医療福祉・マネジメント学科サイトこちら
資料請求はこちら