3学部8学科が1つのキャンパスに集結しているため、他学科との自由な交流や関連職種連携論・連携ワーク・連携実習により「チーム医療・チームケア」の考え方を在学中に学ぶことができます。

医療福祉の総合大学であり、5つの附属病院や多数の関連福祉施設をもつ本学だからこそ実現。医療福祉の現場をリードする人材育成を行っています。

実習体験記

看護学科 山﨑 香

関連職種連携実習では、学内で演習する時よりも、他の職種の人とさらに専門知識を持って話し合いができたことが印象に残っています。自分の職種や、他の職種の役割が明確になるだけではなく、自分の職種に対する誇りと責任を再確認することもできました。

一人ひとりが患者様のことを第一に考えて積極的に発言し、より良い医療を提供することは、これからも必要になるスキルだと思います。また、多様化するニーズに応えていくには他の職種との連携が必要不可欠です。そのため、「チーム医療・チームケア」を学生のうちから体験できたことはとても貴重で、有意義な時間となりました。