看護は患者さんと看護師との信頼関係が大切。だから、「ヒューマンスキル演習」「看護コミュニケーション演習」といった科目にも力を入れ、コミュニケーションの基礎を学びます。

人を思いやる心を育てることはもちろん、自ら意思決定できる判断力、何事にも柔軟に対応できる適応力を4年間で磨いていきます。

実習体験記

看護学科 石坂 有衣

精神看護学実習では、統合失調症の患者さんを受け持たせていただきました。最初はコミュニケーションがうまく図れず戸惑ってばかりでしたが、患者さんの生活の様子を見ているなかで、どのように関わるのがベストなのか徐々に分かるようになっていきました。

また、疾病による妄想や幻聴のつらさは本人にしか分からないと思うので、そのつらさを理解しようとする姿勢や話を傾聴し、必要な時にそばにいる、寄り添うことが大切であることを学びました。