トップページ > コースのご案内 > 認定看護管理者教育課程「セカンドレベル」
コースのご案内
認定看護管理者教育課程「セカンドレベル」

国際医療福祉大学看護生涯学習センターでは、2007年9月から認定看護管理者教育課程「セカンドレベル」を開講しました。 認定看護管理者教育は、公益社団法人日本看護協会が看護管理者の質の向上を目的としたもので、当センターは日本看護協会の認定看護管理者教育機関の認定をうけて、教育を実施しています。 本課程を修了すると「認定看護管理者教育課程セカンドレベル修了証書」とともに、学校教育法の規定に基づくプログラムであることを示した「履修証明書」を交付いたします。

平成29年度「セカンドレベル」研修受講開始にあたって  センター長 佐藤みつ子

当センターは、認定看護管理者の育成と看護者のキャリアアップに向けて支援をしている。9月22日「セカンドレベル」が開講し、関東近郊から看護管理者として看護管理過程などを学びたい63名が顔を揃えた。開講式後の講義では、「看護管理者が学ぶということ」を①学び取る②学び合う③学びを活かす④学び抜くの4つの視点からを話した。学び取るとは、新しい知見を獲得し、研修後の看護管理観が変わり行動が変化すること。学び合うとは、看護管理者として実践してきたことを受講者同志が語り合って看護管理の見方・考え方が広がること。学びを活かすとは、ファーストレベルでの学びを活かし、マネジメント、リーダーシップ、スタッフの育成と活用、組織変革などを学びを深め、週末での学びを現場で活かすこと。学び抜くとは、看護管理者としての課題を追求し、受講者自身のキャリア開発に結び付けること。臨床現場の時間軸では充分に時間が取れない受講者に、研修の時間を効果的に活用してほしいと願っている。

最後に研修に取り組む覚悟を持つこと、研修プロセスにベストを尽くすこと、看護管理者こそ看護の原点を忘れないことを受講者に期待した。3月の修了に向け、全員が夢と希望が膨らむように生涯学習センターの職員が一丸となって支援していく体制を整えている。

開催期間

平成30年9月21日(金)~平成31年3月2日(土)のうち35日間、金・土曜日主体

定員

60名
(応募者多数で定員を超えた場合は、書類審査により当センターの認定看護管理者教育課程教育運営委員会で受講者を決定する予定です)

場所

国際医療福祉大学大学院 東京赤坂キャンパス

教育目的

① 第一線監督者または中間管理者に求められる基本的責務を遂行するために必要な知識・技術・態度を習得する。

② 施設の理念並びに看護部門の理念との整合性を図りながら担当部署の看護目標を設定し、その達成を目指て看護管理過程が展開できる能力を高める。

教育内容と時間数

教科目名 時間数
看護管理概論 45時間
人的資源活用論 45時間
ヘルスケアサービス管理論 45時間
医療経論 30時間
統合演習 15時間
180時間

受講申込受付期間

平成30年5月7日(月)~平成30年5月31日(木)消印有効

受講要件

  1. 日本国の看護師の免許を有する者
  2. 看護師の資格取得後、実務経験が通算5年以上ある者
  3. 認定看護管理者教育課程ファーストレベルを修了している者。または看護部長相当の役職にある者、もしくは副看護部長相当の役職に1年以上就いている者

受講申込書類

提出書類は全てA4サイズに揃えてください。

  1. 看護師免許の写し
  2. 平成29年度認定看護管理者教育課程セカンドレベル受講申込書(様式2)
  3. 小論文
    「自部署(施設)における看護管理者としての役割と課題について」述べなさい。800字程度」
  4. 返信用封筒(長形3号)に住所、氏名を明記し、82円切手を貼付したもの

費用

受験(出願)に係る費用: 無料

受講費用: ①受講料200,000円 ②レポート審査料・修了判定料35,000円  合計235,000円

修了要件

次の1. 2. の要件をともに満たすこと

  1. 各教科目の所定時間数の各5分の4以上の出席
  2. 各教科目の担当講師がA~Dの4段階(A:80点以上、B:79~70点、C:69~60点、D:59点以下)で評価し、C以上を合格とする。

小論文の作成規定

  1. WORDソフトを使用する。
  2. 用紙は、A4用紙1枚とし、縦置き、横書きで作成する。
  3. 書式は、一行40字×30行で作成する(所属施設名、職位、氏名は字数から除く)。
  4. 余白は、左右2.5cm、上下2.0cmとする。
  5. フォントは10.5ポイント、書体はMS明朝体とする。
  6. 表紙は不要である。所属施設、職位、氏名、テーマを明記する。
【記載例】  A4縦置き

認定看護管理者教育課程セカンドレベル

             所属施設
             氏名
テーマ「               」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(改行の際は1文字あける)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          (文字数○○字)

小論文の評価基準

  1. 論文テーマ
    (1)テーマにそった内容である。
    (2)自己の課題が明確である。
    (3)看護管理者の視点で述べている。
  2. 課題への取り組み
    (1)現状把握及び分析が適切である。
    (2)具体的な方策を述べている。
    (3)意欲的なし姿勢がうかがえる。
  3. 論旨の一貫性
    (1)課題と方策に一貫性がある。
    (2)専門用語や概念の解釈が適切である。
  4. 表現力
    (1)誤字脱字がない。
    (2)文章表現が適切である。
    (3)論理的配慮の記述が適切である。
    (4)規定にそって記述されている。

受講申込方法

  1. 受講申込書類を申込期間中に郵送にて申し込みください。
  2. 施設内複数名の申込の場合、各所定用紙および、返信用封筒は個人ごとに同封願います。
  3. 申込書類は、国際医療福祉大学看護生涯学習センターホームページ「募集要項」からダウンロードできます。

受講料の支払い方法

受講料等の振込先と振込期日は、受講決定通知書に記載いたします。
尚、受講料等の返還は原則いたしません。

受講申込書類送付先・問い合わせ先

〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山一丁目タワー4階
国際医療福祉大学看護生涯学習センター 認定看護管理者教育課程担当
TEL:03-6406-8623 FAX:03-6406-8631
認定看護管理者教育課程ファーストレベル 認定看護管理者教育課程セカンドレベル 認定看護管理者教育課程サードレベル
受講者からの声

〒107-0062
東京都港区南青山1‐3‐3
青山一丁目タワー4階
TEL: 03‐6406‐8623
FAX: 03‐6406‐8631
Email: kango-center@iuhw.ac.jp