トップページ > コースのご案内 > 認定看護管理者教育課程「ファーストレベル」
コースのご案内
認定看護管理者教育課程「ファーストレベル」

国際医療福祉大学看護生涯学習センターでは、2006年6月から認定看護管理者教育課程「ファーストレベル」を開講しました。認定看護管理者教育は、公益社団法人日本看護協会が看護管理者の質の向上を目的としたもので、当センターは日本看護協会の認定看護管理者教育機関の認定をうけて、教育を実施しています。本課程を修了すると「認定看護管理者教育課程ファーストレベル修了証書」とともに、学校教育法の規定に基づくプログラムであることを示した「履修証明書」を交付いたします。

平成29年度「ファーストレベル」研修受講開始にあたって  教育研修部長 新実絹代

5月12日開催の「ファーストレベル」開講式は、おりしもF.ナイチンゲールの生誕日と同日に、83名の受講者を迎え開催した。受講者は、看護師長・主任が殆どであり最前線の看護管理者として日々奮闘していることが、ガイダンスでの自己紹介で伝わってきた。

開講式後に40分程度の時間を頂き、研修開始のイントロダクションとして、①看護管理とは、②看護管理者に求められること、③研修を効果的に受講するために、についての講話を行った。冒頭に、「看護管理とは」「看護管理実践は楽しいか」と数名に質問させて頂いた。

その後、看護管理の定義や看護管理の目的について確認した。「看護管理実践が楽しいか」の質問に対しては、やりがいはあるが難しい、悩みながら実践しているとの返答があり、おそらく殆どの受講者が同様であるかと思われた。今回の研修が修了した時には、問題発生時の解決能力や看護サービスの管理、人材育成等のマネジメントの知識・技術・態度を修得し、大変な中にも管理者としての成功体験が増え楽しいと感じる機会が多くなることを期待している。研修を効果的にするために8つの視点で話したが、主体的に研修に臨み本質的に思考・判断する力を養い、管理者としての将来像を描きながら取り組んで頂きたい。

最後に、F.ナイチンゲールの「小管理」の一部と、P.F.ドラッカーの「人は、最低ではなく最高の仕事ぶりを目標とすることを要求する」ことを紹介した。実りある研修となりますよう、教職員サイドも懸命に支援していきたいと考えている。

開催期間

平成30年5月11日(金)~平成30年9月15日(土)のうち30日間、金・土曜日主体

定員

80名
(応募者多数で定員を超えた場合は、書類審査により当センターの認定看護管理者教育課程教育運営委員会で受講者を決定する予定です)

場所

国際医療福祉大学大学院 東京赤坂キャンパス

教育目的

① 看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を習得する。

② 看護を提供するための組織化並びにその運営の責任の一端を担うために必要な知識・技術・態度を習得する。

③ 組織的看護サービス提供上の諸問題を客観的に分析する能力を高める。

教育内容と時間数

教科目名 時間数
看護管理概論 15時間
看護専門職論 30時間
ヘルスケアシステム論 15時間
看護サービス提供論 30時間
グループマネジメント 30時間
人材育成論 15時間
看護情報論 15時間
150時間

受講申込受付期間

平成30年2月1日(木)~平成30年2月28日(水)<消印有効>

受講要件

  1. 日本国の看護師の免許を有する者
  2. 看護師の資格取得後、実務経験が通算5年以上ある者
  3. 管理的業務に関心があり、管理的業務に従事する事が期待されている者

受講申込書類

提出書類は全てA4サイズに揃えてください。

  1. 看護師免許の写し
  2. 平成29年度認定看護管理者教育課程ファーストレベル受講申込書(様式1)
  3. 小論文
    「自部署(施設)における看護管理者としての役割と課題について」述べなさい。800字程度」
  4. 返信用封筒(長形3号)に住所、氏名を明記し、82円切手を貼付したもの

費用

受験(出願)に係る費用: 無料

受講費用: ①受講料150,000円 ②レポート審査料・修了判定料45,000円  合計195,000円

修了要件

次の1. 2. の要件をともに満たすこと

  1. 各教科目の所定時間数の各5分の4以上の出席
  2. 各教科目の担当講師がA~Dの4段階(A:80点以上、B:79~70点、C:69~60点、D:59点以下)で評価し、C以上を合格とする。

小論文の作成規定

  1. WORDソフトを使用する。
  2. 用紙は、A4用紙1枚とし、縦置き、横書きで作成する。
  3. 書式は、一行40字×30行で作成する(所属施設名、職位、氏名は字数から除く)。
  4. 余白は、左右2.5cm、上下2.0cmとする。
  5. フォントは10.5ポイント、書体はMS明朝体とする。
  6. 表紙は不要である。所属施設、職位、氏名、テーマを明記する。
【記載例】  A4縦置き

認定看護管理者教育課程ファーストレベル


             所属施設
             氏名
テーマ「               」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(改行の際は1文字あける)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          (文字数○○字)

小論文の評価基準

  1. 論文テーマ
    (1)テーマにそった内容である。
    (2)自己の課題が明確である。
    (3)看護管理者の視点で述べている。
  2. 課題への取り組み
    (1)現状把握及び分析が適切である。
    (2)具体的な方策を述べている。
    (3)意欲的なし姿勢がうかがえる。
  3. 論旨の一貫性
    (1)課題と方策に一貫性がある。
    (2)専門用語や概念の解釈が適切である。
  4. 表現力
    (1)誤字脱字がない。
    (2)文章表現が適切である。
    (3)論理的配慮の記述が適切である。
    (4)規定にそって記述されている。

受講申込方法

  1. 受講申込書類を申込期間中に郵送にて申し込みください。
  2. 施設内複数名の申込の場合、各所定用紙および、返信用封筒は個人ごとに同封願います。
  3. 申込書類は、国際医療福祉大学看護生涯学習センターホームページ「募集要項」からダウンロードできます。

受講料の支払い方法

受講料等の振込先と振込期日は、受講決定通知書に記載いたします。
尚、受講料等の返還は原則いたしません。

受講申込書類送付先・問い合わせ先

〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山一丁目タワー4階
国際医療福祉大学看護生涯学習センター 認定看護管理者教育課程担当
TEL:03-6406-8623 FAX:03-6406-8631
認定看護管理者教育課程ファーストレベル 認定看護管理者教育課程セカンドレベル 認定看護管理者教育課程サードレベル
受講者からの声

〒107-0062
東京都港区南青山1‐3‐3
青山一丁目タワー4階
TEL: 03‐6406‐8623
FAX: 03‐6406‐8631
Email: kango-center@iuhw.ac.jp