看護科紹介

看護部理念

利用者の最高の笑顔を引き出す療育を目指します。

看護部運営方針

  • 重症心身障害児(者)入所
  • 短期入所、日中一時入所支援
  • 通所支援
  • 外来訓練
  • 相談支援事業

2016年5月 柳川市三橋町に移転します。
新センターは延べ床面積がこれまでの約4倍、入所定員が110床となります。最新の医療設備、研究施設を備えた療育と発達障害の分野で日本を代表する施設となります。

柳川療育センターは、重症心身障害児・者を支援する、地域に開かれた医療福祉施設です。障害のある方が社会の中で快適に生活できるよう、医療的ケアを基盤としたサポートを中心に、心の通い合う療育サービスを提供しています。

長期入所をはじめ、短期入所、日中一時支援、通所支援事業などの機能も併設されており、充実した設備と環境のもと、医療、看護、リハビリテーションなどの総合的な療育を行っています。また、在宅療育支援として、外来診療、外来リハビリテーションなどに加え、福祉器具の相談、指導も行っています。

このページの上へ