新人教育 新人教育 キャリアアップ支援(大学院・生涯教育)

充実した新人研修プログラム

入職最初の導入研修では、病院の組織や看護部の組織、職業人・社会人としての心構え、自分達の役割等を把握して、あなたが臨床現場になじめるようになることが目的です。先輩看護師のもとで基本技術の演習も行います。
一緒に入職した仲間とともに自信をつけましょう!
さらに入職後3ヶ月及び6ヶ月が過ぎた時点で自己の行動を振り返ります。
前期(3ヶ月後)では、いままでの看護で「うれしかったこと」「悩んだこと、先輩に助けられたこと」などを発表し合い、みんなで思いを共有します。後期(6ヶ月後)では、前期を踏まえての成長過程を発表。理想の看護師像についてグループワーク等を通して、自己の看護観をまとめます。各人が課題に気づき先輩ナースからの激励に勇気づけられることで、次のステップへと結びつきます。

「技術トレーニング」院外研修

点滴静脈注射、輸液ポンプ、シリンジポンプの取り扱いが安全に行えるよう教育委員、先輩看護師がやさしく指導にあたります。知識の確認、準備から後始末まで一連を実践します。

「BLS」研修

IUHW三田BLSAED(自動体外式除細動器)の使用方法やCPA(心肺停止)の対処方法を皆で習得します。修了者は、職員証に「IUHW三田病院BLS」マークがつきます。

「メンタルヘルス」研修

複雑な人間関係の中で、自己の主張を持ちつつ、他者と調整する能力を身につけます。楽しみながら学べます。

「フィジカルアセスメント」・「技術演習」

大学院でナースプラクティショナー養成に携っている講師が新卒のレベルに合わせて講義と技術演習をします。

「医療安全」研修 基礎編

危険予知訓練と安全確認動作をしっかり習得します。

「体験学習」研修

患者の気持ちを大切に、体験を看護に活かします。患者の立場、看護師の立場、両方体験してみましょう。

「入職3ヶ月フォローアップ」・「入職6ヶ月フォローアップ」

入職後3ヶ月・6ヶ月の中で感じたこと、考えたこと、不安なことなどを語り合い、仲間と共有することで連帯感が強くなります。リフレッシュして次のステップへ。

卒後1年目 看護観のまとめ

研修プログラム写真 研修プログラム写真 研修プログラム写真

研修プログラム写真 研修プログラム写真 研修プログラム写真

新人デイリーワーク

8:30 出勤
夜勤者からの引継ぎ
指導ナースと共に業務確認
  • 師長から管理事項の伝達
  • 受け持ち患者の確認
  • 1日の業務の確認
新人デイリーワークイラスト
9:00 受け持ち患者への挨拶と状態把
看護ケアの実践
  • 点滴の準備と実施
  • 処置・検査の準備と介助
  • 保清・手術患者ケア
  • 指導ナースと共にリーダーへの報告
11:30 交代で昼食休憩
13:30 カンファレンス
看護ケアの実践
  • 受け持ち患者の看護評価
  • 与薬実施
  • 手術患者ケア
  • 患者家族対応
新人デイリーワークイラスト
15:30 指導ナースと共に検査・処置の確認
  • 医師からの指示受け
  • 看護記録の確認
  • 患者巡回
新人デイリーワークイラスト
16:30 指導ナースと共に引継ぎ事項の確認
夜勤者への引継ぎ
新人デイリーワークイラスト
17:00 業務終了
帰宅

このページの上へ