ご挨拶

高度な医療と充実した看護体制。 学べる環境がここにはあります。

院長ご挨拶

国際医療福祉大学病院 院長 大和田 倫孝
国際医療福祉大学病院
院長 大和田 倫孝

国際医療福祉大学病院は、大学病院として、北関東・南東北地域に亘る医療圏に、予防医学から急性期・慢性期医療まで、誕生から高齢まで、地域医療から高度医療まで、と幅広い医療を提供することが使命です。医療が専門化する中で、この病院の使命を果たすための中心的な存在は、看護職です。

常に患者さんとご家族の傍らに寄り添い、他の職種との連携のキーパーソンとなり、患者さんの健康と生活に最適な医療を提供する、そのような温かく有能な看護師を育成するために、病院をあげて努力し支援をしています。それぞれの個性を生き生きと発揮して満足度の高いキャリアを築いてください。

看護部長ご挨拶

国際医療福祉大学病院 看護部長 田口 春美
国際医療福祉大学病院
副院長・看護部長 田口 春美
国際医療福祉大学病院看護部は、「看護の質を高め、人間味あふれる温かな看護実践をめざします。」という理念のもと、ジェネラリストの育成に取り組んでいます。

看護師一人ひとりの行動・動作(看護実践)は、すべてを物語ります。行動・動作の結果は、患者さまやご家族、医療関係者そして専門職業人としての自分自身に反映されるものです。すべての行動・動作に、目的意識と経験に裏打ちされた根拠をもとに、冷静で、正確でやさしい愛情をもって看護を提供していただきたいと願っています。

誠実なこころを持った温かい看護を提供できる人材の育成には、職員一人ひとりを大切にいきいきと看護ができる環境が重要と考えています。また、質の高い看護実践をめざして、臨床実践能力の向上に向けた教育体制の充実も重要な課題と考えています。

看護師としての自分史を歩んでいく皆様を、ラダー制度を取り入れた『能力開発プログラム』によって支援していきます。あらゆる領域で活躍できる能力を開発し、グループ病院をはじめ大学および大学院での学習をも継続できる環境は、他に誇れるものです。

ご一緒に、看護を語り、伝え、高め合っていきましょう。

このページの上へ