先輩の声

スペシャリストとしてのキャリア

O.Sさん感染管理認定看護師 O.Tさん 副師長

感染管理認定看護師とは、日本看護協会が策定した資格認定制度の一つです。疫学的知識に基づく院内感染サーベイランスの実践、医療処置や看護ケアの感染防止技術の導入と、それに伴う業務改善をめざし、組織や施設の状況に合わせた感染管理プログラムの立案・構築・実践を担うことが求められます。

具体的な役割は、院内で働く職員一人ひとりの意識向上を図るための組織作りです。より安全な医療の提供に役立つ知識を、最新の情報をもとに、わかりやすく発信し、実践の指導も行います。また、地域に向けての感染防止対策活動も求め られています。他病院との連携?合同カンファレンスヘの積極的な参加を通じて、よりステップアップしていきたいです。

専門性の高い看護を目指して

H.Aさん消化器内視鏡技師 H.Aさん 副主任

現在、手術室で副主任として勤務していますが、以前は内視鏡室の業務を担当していたことから、消化器内視鏡技師の資格を取得しました。

普段何気なく行う処置や、検査時の特徴・注意点など基礎からへ勉強し直すことで、以前よりも根拠が明確になりました。

中には内視鏡検査によって病気と診断される方や、強い不安を感じながら検査に臨まれる方もいらっしゃいます。そんな方々に余計な不安を与えることのないよう、根拠に基づいたわかりやすい説明を心がけ、日々の看護業務を行っていきたいと思います。

人材育成によって高める看護

I.Yさん臨地実習指導者研修受講者 I.Yさん 副主任

入職してあっという間に6年が過ぎ、7年目となりました。病棟では後輩が増え、実習生の受け入れもしていることから、指導者としての役割を担うことが年々多くなってきました。

今年は教育委員を任されていることもあり、臨地実習指導者研修に行かせていただきました。実習指導案を実際に組み立ててみるなど、臨床とはまた違った視点から学ぶことができ、実りの多い研修でした。

今後は学んだことを後輩指導や臨地実習指導に役立てていきたいと考えています。

管理者としてステップアップ

K.Mさん認定看護管理者教育、ファーストレベル修了者 K.Mさん 副主任

平成25年度にファーストレベルを受講しました。看護管理者として、また看護専門職としての役割を再確認し、自分が副主任として果たす役割を深く考える良いきっかけとなりました。

研修ではグループワークも多く、受講生同士で悩みを話し合い、解決に導くことができた事も大きな収穫です。エネルギッシュな講師の先生方から最新の情報を頂く中で、学習を続けていく楽しさを実感できました。

これから、自分が学んだことを職場へ還元しつつ、キャリアアップを目指すことの大切さや、やりがいを持って学習を続ける必要性を伝えていきたいと思います。

このページの上へ