経年別教育 新人教育キャリアアップ支援(大学院・生涯教育)

新人ナース 一人立ちまでの道のり

4月- 6月 仲間とともに

入社式 新人歓迎会 病棟配属

仲間とともに

[ 2ヶ月後チェック]

  • 4月は1ヶ月間院内研修です。5月から病棟に入りますが、先輩が毎日ついて下さり、丁寧に指導してくださいました。
  • すべてが初めての体験ですが、中でも採血検査は忘れられません。緊張する私を応援して下さった患者様のあたたかさに、感謝の気持ちでいっぱいでした。
  • 何をするにもドキドキ、オロオロ。質問しながら内容を忘れた覚えがあります。今考えれば笑えます。
  • 毎日緊張しながら働いていました。プリセプターにぴったりくっついて指導を受けていました。

4月〜6月イラスト

プリセプターとともに

夏期休暇 夜勤自立

7月〜9月 プリセプターとともに
  • OJT
  • 看護計画立案
  • 感染対策の実践
  • 褥瘡ケア
  • 急変時の初期対応
  • トランスファーテクニック

[ 4ヶ月後チェック]

  • 夜勤が始まり、本格的に一人立ちの準備に入りました。患者様の受け持ちも開始。計画を頑張って立てました。
  • たくさんの失敗をくり返しながら、チームメンバーの一員としての働き方、チームワークの大切さを、毎日の業務の中で学びました。
  • なんとなく仕事に慣れて心にゆとりが出てくる時期でした。患者様にも優しくできるし、仕事が終わった後、遊びに行っちゃう余裕も…。
  • 慣れない処置の介助に手が震えました!!

チームの一員として

防災訓練 院内看護研究会 冬期休暇

10月〜12月 チームの一員として
  • OJT
  • グループワーク
    事例からチームワーク、コミュニケーション力を学ぶ

[ 8ヶ月後チェック]

  • 出来ることが増えた反面、苦手なこと、足りない部分がみえてきた毎日。この先やっていけるか不安だった。
  • 一人でできる技術も増えてきたけれど、プリセプターの先輩と振り返ることで自分にまだ足りない技術や不安なことを確認することができました。
  • 一人でできることが増えてきて、やる気がぐんぐん出てきた時期でした。プリセプターさんと離れている時間が嬉しいような不安なような…。
  • 日々の業務をこなし、あっという間に過ぎていきました。

1月- 3月 私の看護を振り返って

関連グループ 看護研究発表会 1年のまとめ、発表会

私の看護を振り返って
  • OJT 自信を持って一人立ちするようサポート
  • フォローアップ研修

[振り返り]

  • あと少しで1 年目が終わると思うと、その早さにびっくりしています。同時に覚えることを精一杯やっていきたいと思っています。
  • 1 年目まとめの時期。事例検討会を通して自己の目標を再確認。
  • ほとんどの業務が一人でできるようになりました。まだできないことや不安なことを教えてもらったり、興味があることをやらせてもらえて嬉しいです。その分責任重大!!
  • 先輩たちに「そろそろ後輩が出来るね!」とプレッシャーをかけられています…。

このページの上へ

ローテーション研修レポート

ローテーション研修レポートイラスト 病院を丸ごと理解するはじめの一歩
アットホームな当院ならではの研修です。
HOP 入職日〜3日目 オリエンテーション(ようこそ市川病院へ)

看護部の理念や組織・看護理論・医療安全をはじめ、院内見学、接遇研修を行います。
STEP 3日目〜2週間 集合研修・ローテーション研修T(基礎技術の確認)

専門職業人として正確で安全な看護技術の基礎をクリアできるようにカリキュラムを構成します。
また、看護部各部署を見学体験してまわることで、自分に合った配属先を自分で決めます。
JUMP 8ヶ月〜9ヶ月 ローテーション研修U(初めの一歩)

1年間で習得すべき技術・知識を全ての新人が均しく経験できるように、配属された部署以外の病棟で2週間研修します。自部署では経験できない技術をマスターしたり、未経験の疾患を持った患者様の看護に触れることができます。

さあ ローテーション研修へ

院内に知っている人がいることは心強いです。他部署で研修することによって病棟配属後もスムーズな連携が図れます。

このページの上へ

キャリアプランニング

看護の質向上に向けて、研修体制を整えています。

  • 現任教育
  • 院外研修
  • 経験者入職時教育(初心者・復職者含む)
  • 初心者・復職者のための個人サポートプログラム

このページの上へ

院内職員研修

BLS(Basic Life Support)講習会

BLS(Basic Life Support)講習会写真循環器チームの医師やヘルスケアプロバイダー資格を持った看護師、コメディカル職員がインストラクターとなって一次救急における心肺蘇生技術の習得を目的に実施しています。

がん化学療法セミナー

がん化学療法セミナー写真がん化学療法の基本から複雑化する最新情報までを学ぶセミナーで、院内外の医師の講演によって医療レベルの向上を共に図ることを目指して実施されており、毎回多くの職員が積極的に参加しています。

エントリーフォーム

このページの上へ