ご挨拶 教育プログラム新人教育 キャリアアップ支援(大学院・生涯教育)

教育理念

看護部の理念に基づき、専門職として責任ある看護実践が提供できる看護職員を育成する

教育目標

  1. 一人ひとりが責任を持って自律した看護実践ができる
  2. 組織及び医療チームの一員としての役割を認識し、責任を果たすことができる
  3. 専門職として人材育成の役割を担うことができる
  4. 自己のキャリア開発に向けての姿勢を身につけることができる

当院の理想の看護師像

  • その人らしさを尊重し、思いやりあふれた看護が提供できる看護師
  • 看護師としての仕事に誇りを持ち、学ぶ姿勢と常に患者に寄り添うことができる真摯な姿勢を持った看護師
  • いかなる状況においても、落ち着いた態度で接することができ、判断力に優れた看護師

福岡山王病院の教育の特徴

教育理念に基づき、当院の理想の看護師像を目指し、看護実践能力開発プログラムに沿って一人ひとりが主体的に学習に取り組んでいけるようプログラムしています。看護部専任でキャリアカウンセラーの資格を持った教育担当者が新人教育や能力開発プログラム研修の企画運営など院内の看護教育全般を行い、新人教育にキャリア研修を取り入れ、1年目から自分のキャリアプランをしっかり考えていけるよう支援します。
キャリアというと仕事面だけと思われる方が多いと思いますが、キャリアとは私生活も含めたその人の生き方そのものと言われています。新人教育や、院内教育で広くキャリアについて学んでいただくことで、一人ひとりのライフキャリアが充実し、ワークライフバランスが実現できる病院を目指しています。
また、当院の母体である国際医療福祉大学・高邦会グループでは、実習指導者養成や認定看護師・大学院進学などキャリアを充実させるチャンスが沢山あります。目標を高く持ち、一人ひとりのキャリアプランを実現するお手伝いをします。

院内教育活動

  • 能力別研修、役割別研修、トピックス研修などがあります。能力別研修、役割別研修、トピックス研修などがあります。
  • 接遇・倫理・看護必要度などの全体研修も行われています。

看護研究

国際医療福祉大学の教員陣の指導のもと、看護研究が行われています。毎年院外の学会発表も行っています。

研究発表会
研究発表会

教育構造図

高邦会グループ看護部 クリニカルラダー

自己の習熟段階を知り、目標に向かって成長できる指標とする

  • 病院が求める看護師像を明確に示す
  • 看護師が目標とする到達水準を明らかにする
  • 自らの職業生涯を設計し、作りあげていく指標とする
  • 得意、不得意、習得、未習得の状況を把握する
  • キャリア開発を通して学習への意欲と、希望につなげる
クリニカルラダー

教育体系図

教育体系図

平成25年4月

このページの上へ