看護部紹介

看護部理念

「一人ひとりを大切に、感動していただける看護の提供を目指します」

私たちは、専門職として責任ある看護実践に努めます。
私たちは、自己研鑽を図り、能力の向上に努めます。
私たちは、感性を磨き豊かな人としての成長に努めます。

各部署の紹介

外来

外来診察室

外来診察室

36の診療科と透析室、および化学療法室での外来看護、また救急搬送患者に対する看護を行う。

<外来看護 頑張っています!>
個々の専門性も発揮しながら、外来患者様が安心して質の高い治療・看護が受けられるようにスタッフ一丸となって頑張っています。
外来患者数・救急搬送患者数が増加する中でも、質の高い看護を目指して日々努力しています。
アロマセラピストによるリンパドレナージやアロマトリートメントで、がん患者様やリプロダクションセンターの患者様の身体・精神的ケアを行っています。

手術室

手術室

手術室

全9室の手術室で、年間約2700件の手術を実施している。

<患者様の心に寄り添う看護を提供します>
患者様の安全・安楽はもちろんのこと、手術を受ける患者様の不安を少しでも軽減できるように、術前・術後訪問を行い、一人一人の患者様の思いをくみ取り、思いに添った看護を提供できるよう取り組んでいます。
手術室内では様々な音楽を準備し、患者様が麻酔で眠られるまでの間、患者様の好みの曲を流すことができるため、喜ばれる方も多くいらっしゃいます。
手術を受ける患者様やご家族の方々にとって、少しでも安心できる環境を整え、福岡山王病院で手術を受けてよかったと思って頂けるよう、今後も取り組んでいきたいと思っています。

NICU

NICU

NICU

地域の7つの新生児医療機関と連携して早産やリスクを抱えた赤ちゃんの受け入れを行い、集中治療看護を行う。

<小さな赤ちゃんと家族の絆のかけはし>
当院のNICUに入院してくる新生児の多くは、ちょっと早く生まれてきてしまった赤ちゃんや、なかなか子どもに恵まれなかった両親の強く深い愛情で望まれ産れてきた、ちょっと小さめの双子の赤ちゃんたちです。
スタッフは、新生児看護に対する熱い思いをたくさん胸に抱いているスペシャリスト達ばかりで、赤ちゃんたちからの素敵な癒しを受けながら、母乳育児支援や、家族ケアに力を注いでいます。

ICU

主に手術後の患者様、救急入院の急性期の患者様の看護を行う。

<患者様やご家族から「任せて安心」と言ってもらえる"山王ICU">
4床、スタッフ14名のICUです。
「任せて安心」看護を目標に頑張っています。そんな中でも"安心できる看護"の質の向上はもとより、ご家族とも挨拶から始まるコミュニケーションを大事に、心が通い合う看護を心がけています。

病棟

7階病棟

7階病棟・スタッフステーション

7階病棟・スタッフステーション

産科・婦人科の専門病棟として、腹腔鏡下手術をはじめとした良性婦人科疾患治療の看護、また産前産後の看護を行う。

<患者様一人一人に温もりのある看護を提供し、笑顔へのサポートをさせていただきます>
女性のセクシュアリティに関する喜びや悩みを生涯トータルサポートできる産科・婦人科病棟です。婦人科、リプロダクションセンター、産科の女性のセクシュアリティに精通した医師と経験豊かな看護スタッフと小児科・麻酔科・およびメディカルスタッフのチームワークに支えられ入院生活を提供いたします。
設備面でも女性の身体面・精神面を考慮し全室個室の女性専用病棟となっております。安心して静養できる静かで快適な空間を確保するために、外部からの入室を制限するセキュリティシステムが備わっています。産婦人科手術後の回復や、安心で安全なお産・産後の喜びの瞬間のサポート等、なにより女性にとって優しい病棟を目指しています。

8階病棟

胃・大腸、肝臓、胆のう、膵臓の消化器をはじめ、乳腺、甲状腺、呼吸器や形成外科、泌尿器外科の周術期の看護、化学療法、内視鏡的ポリープ切除などの看護を行う。

<患者様の生活に寄り添った看護の提供を目指します>
病棟内ではそれぞれが役割を担い、年間目標や個人目標を通して看護の充実を図っています。お互いに助け合いながら毎日取り組んでいます。
スタッフ教育にも力を入れています。がん看護、術後リハビリテーション看護、実習指導者などの研修を終えたスタッフもおり、それぞれの目標に向かってキャリアアップを目指しています。


9階病棟

カンファレンス風景

カンファレンス風景

脊椎を含めた手足の外傷・障害の周術期看護と、神経機能の周術期やリハビリを行う脳神経外科、内科看護を行う。

<スタッフ全員が「心・技・体」共に成長できる職場>
9階病棟のスタッフは明るく、お互いに助け合いながら仕事に対して前向きに取り組んでいます。患者さんの笑顔や回復していく姿を見るとやりがいを感じ、さらに頑張ろうという気持ちになります。
専門職として看護の役割・責任を自覚できるよう自己研鑽に努めており、病棟スタッフ全員が心・技・体ともに成長できるような職場です。患者さんに寄り添いながら、それぞれが自分らしく働けるような風土を目指しています。

10階病棟

内科系6科混合病棟であり、循環器疾患の急性期看護からがん末期の終末期看護まで幅広い看護を行う。

<診て、触れて、感じて、心に寄り添う看護提供を>
当院の特徴でもある全室個室の看護提供を最大限に生かし、患者様お一人お一人の心に寄り添い感動していただける看護の提供を目指していきます。
笑顔が絶えず活気あふれる病棟です。ワークライフバランスを大事にできる職場を目指しています。


11階病棟

11階 病室Sタイプ

11階 病室Sタイプ

慢性期、人工呼吸器装着中の患者様、小児から成人まで、急性期・周術期の看護を行う。

<先手の看護を目指します>
どのような患者様への対応もできるようになる、スーパーナースを目指して日々奮闘中です。患者様の回復過程に沿った看護が実践できるように看護師全員が日々のケアに努めています。
「この病棟に入院して、安心して過ごせました」という言葉を励みに、今後も病棟全体でチーム一丸となって、看護師の知識・技術の向上に努めます。

このページの上へ