看護部紹介

看護部理念

「患者様の生命の尊厳をまもり、確かな知識・技術と思いやりの心で看護を実践します。」

  1. 患者・家族の個別的特性やニーズに応じた看護を実践し健康回復に向けて援助する。
  2. 科学的根拠に基づいた看護を実践し、患者の代弁者としての機能を果たす。
  3. 看護上の事故を減らし、看護の質を保証するためのリスクマネージメントを推進する。
  4. 医師・コメディカルスタッフと共働し、看護の専門性を発揮しながら質の高い看護を提供する。
  5. 地域との連携を図り、住民の健康回復、維持増進の援助を行う。
  6. 研修・研究・教育を推進し、看護の専門的知識・技術を創造し開発に努める。

概要

国際医療福祉大学熱海病院 総合受付

  • 開設/2002年
  • 建物/免震構造 地上8階、地下2階
  • 病床数/269床

 

8F 病棟 (PDF132KB)
7F 病棟 (PDF157KB)
6F 病棟 (PDF126KB)
5F 病棟 (PDF141KB)
4F 病棟 (PDF130KB)
3F 正面入口・総合受付・外来 (PDF138KB)
2F 放射線室・検査室・リハビリ室
1F 救急外来 (PDF133KB)・手術室 (PDF133KB)・ICU (PDF128KB)
B1 レストラン・売店
B2 図書室・大学院 熱海キャンパス

看護方式

チームナーシング

当院は、固定チームナーシング制を行っています。各チームが年間のチーム目標を持ち、個々の患者様のニーズに敏感に対応できる看護活動を行っております。病棟によっては、チームでのウォーキングカンファレンスを実施し、患者様とともに考える看護の実践に取り組んでいます。

勤務体制

2交替制

日勤(8:30〜17:30)、夜勤(16:30〜翌9:00)の2交替制をとっています。
2交替制は、深夜に看護職員が交代することがないため、患者様は安心して夜間を過ごすことができます。また働く看護職員にとっては、夜間の患者様を継続して看護できることで予測を立てた看護が実践できます。そして、夜勤明けには、実質2日間が自由な時間となるため、プライベートな時間を有効に活用することができます。リフレッシュや、自己啓発のための研修参加等、自己のライフスタイルに合わせた活用が可能となります。

診療科目

消化器内科・循環器内科・内分泌内科・代謝内科・糖尿病内科・脂質代謝内科・呼吸器内科・神経内科・精神科・小児科・小児外科・外科・消化器外科・移植外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・呼吸器外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科・ペインクリニック外科・歯科口腔外科・病理診断科・臨床検査科

このページの上へ