講演会のご案内

ワークショップ、シンポジウムなどでは、胃切除術後の患者様から社会復帰後に体験した課題や問題を示していただきました。こうした諸問題について、医療の専門家である私たちが患者様と双方向に共有し、解決策を見出していきます。この結果は、ホームページを通して、広く発信していきます。

ワークショップのご案内

テーマ 胃切除術後における食事と運動の多職種連携によるサポート
ワークショップ当日の映像
開催日時 平成26年12月6日(土) 14:00~16:30
イベントは終了いたしました。
会場 国際医療福祉大学三田病院 11階 三田ホール
主催 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
研究種目:基盤研究(C)
IPA-GP研究会
詳細はこちら
代表 国際医療福祉大学保健医療学部看護学科 教授 糸井裕子
テーマ 患者さんとともに社会復帰の支援策を考える
ワークショップ当日の映像
開催日時 平成25年12月14日(土) 14:00~17:10
イベントは終了いたしました。
会場 国際医療福祉大学三田病院 11階 三田ホール
主催 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
研究種目:基盤研究(C) 「がん患者の社会復帰に関する研究」
グループ主催ワークショップ
詳細はこちら
代表 国際医療福祉大学保健医療学部看護学科 教授 糸井裕子

ワークショップ開催レポート

開催日時 平成26年12月6日(土) 14:00~16:30
参加者数 18名
回収数 18名

アンケート結果

性 別
男性 5
女性 12
回答なし 1
職 業
主婦 3
会社員 3
パート 1
無職 2
その他 6
回答なし 3
満足度
とても満足 6
満足 9
ふつう 2
不満 1
多職種の専門家との討議は有意義でしたか
とても有意義 8
有意義 8
回答なし 2
年 齢
20代 1
30代 2
40代 2
50代 3
60代 5
70代 5
参加したきっかけ(複数化)
講師が良かった 8
自分に必要だった 11
都合がついたから 1
その他 5
自分の生活に役立つと思うか
とても役立つ 8
役立つ 7
ふつう 2
回答なし 1
患者様同士の討議は有意義でしたか
とても有意義 5
有意義 5
ふつう 1
回答なし 7

参加者の声

  • 患者様同士で悩みを共有し解決策を見出せる貴重な場であった。
  • 日頃、自然と取ってきた生活が適切であったと確認でき、大変役に立ちました。
  • 多くの術後の方が参加できるよう続けて戴きたい。
  • いろいろな分野の先生の話をきけて良かったです。
  • 今後共よろしくお願いします。

投稿募集

  • 投稿募集
  • WEB版サバイバーシップ
  • 関連情報リンク
  • ワークショップの映像はこちら
  • 三田病院
  • 大学病院
  • 国際医療福祉大学・高邦会グループ