• 薬学部をめざす皆さんへ
  • 薬学部の特長
  • オープンキャンパス
  • 薬学部の入試
  • 資料請求


薬学はなぜ6年生になったのでしょう?

  •  登録販売者制度ってなに?
  • 平成18年公布の改正薬事法により、平成21年6月から医薬品販売に携わる新しい職種「登録販売者制度」が設けられました。これにより、店舗で医薬品を販売するには「薬剤師又は登録販売者」を設置することが義務づけられるようになりました。


    【 一般用医薬品は人体に対するリスクに応じて3つに分類される

    ■第1類医薬品
    健康被害が生じる恐れのある一般用医薬品のうち、その使用に関して特に注意が必要なもの
    →薬剤師のみ取り扱うことができる

    ■第2類医薬品
    健康被害が生じる恐れはあるが、使用の難しさはないもの

    ■第3類医薬品
    日常生活に支障を来たす恐れのないもの
    →薬剤師と登録販売者が取り扱うことができる(人体に対するリスクは低い)

    「登録販売者」が取り扱うことが出来る医薬品は、「一般用医薬品」のなかの第2類医薬品と第3類医薬品の限られた製品が対象です。
    したがって、「登録販売者制度」の施行により、薬剤師の需要に影響が及ぶことはないのです。むしろ、薬剤師がもつ高度な専門性やスキルがますます必要とされていると言えます。

  • OSCE、CBTってなに?
  • 現在、医療現場では医学・薬学の急速な進歩に対応できるよう、即戦力となる薬剤師が求められています。そのため6年制薬学部においては、従来の見学型から参加型の長期実務実習が義務づけられました。しかしながら、病院や薬局など医療の最前線において、資格を持たない薬学生が参加型実習を行うためには、実務実習前に薬剤師としての能力(知識・技能・態度)を確保しておく必要があります。そのための試験が、薬学共用試験です。薬学共用試験には、知識を評価するCBT(Computer-based Testing)と、技能と態度を評価するOSCE(Objective Structured Clinical Examination)の2つがあります。

    OSCE(客観的臨床能力試験)

    5年次に医療現場に出て実務実習を行うために、必要な技能や態度を問う客観的臨床能力試験です。具体的には、散剤、水剤、注射剤等の調剤技能、模擬患者さんへの対応や服薬指導等の課題があります。

    CBT(コンピュータ支援学力試験)

    コンピュータを用いた試験。合計310問の多肢選択問題が、無作為に出題されます。薬学生として最低限必要な専門知識および、実務実習に出る前に最低限必要な知識を問う試験です。