• 薬学部をめざす皆さんへ
  • 薬学部の特長
  • オープンキャンパス
  • 薬学部の入試
  • 資料請求

実習レポート
実習レポート

1年次

早期体験実習実習風景|薬学部
薬学生として学習に対するモチベーションを高めるため、薬剤師の活躍する現場を体験します。病院、調剤薬局、製薬会社および行政機関などでの体験学習を通じて得られた内容や自分の考えをまとめ、ディスカッションとプレゼンテーションを行います。
基礎薬学実習U(生物)
組織・細胞の構造、微生物に対する抗生物質の作用など講義で学んだことについて実習を通して学習します。また、生命科学の実験を行う際に必要となる顕微鏡の取り扱い方、無菌操作、各種実験機器の基本的な使用法を身につけます。
基礎薬学実習T(物理)
1年次に初めて行う実習の一つです。薬剤師をめざすうえで必要な器具を正しく扱い、物をはかり、溶液を調製する手法を学び、実験に対する基本的な態度、知識、技能を身につけます。

2年次

実習風景|薬学部
化学系薬学実習U(天然資源)
植物などの天然資源はくすりの宝庫です。本実習では、漢方薬に利用されている生薬や天然物について、その有効な成分の抽出や精製の操作方法・原理を実習を通じて修得します。漢方薬を煎じる体験もします。
物理系薬学実習
分析化学、物理化学に関する実習を行います。本実習では、薬剤師として必要とされる医薬品の分析法を習得するとともに、得られた結果について広い視野で解釈を行い、その医薬品に対する理解を深める手法・考え方を学びます。
コミュニケーション実習
薬剤師には、チーム医療の一員としての連携能力や患者さんとの円滑なコミュニケーションを取れる能力が求められています。実習では、ロールプレイングを行いながら、薬剤師に必要なコミュニケーション能力について学びます。

3年次

分子生物学実習実習風景|薬学部
実習風景|薬学部
生物にとって遺伝子は生命の設計図です。実習では遺伝子の点突然変異の有無などを解析します。ヒトの遺伝子(ヒトゲノム)の情報が病気とどのように関わり合い、そして薬に結びついていくのかについて実習を通して学習していきます。
臨床検査医学実習
個々の患者さんの病態に応じた薬物治療には、臨床検査値に基づいた的確な患者情報を得ることが必要です。本実習では、臨床検査における基本原理と技術を習得し、代表的な検査値の読み方や異常値と病態との関連性を学びます。
衛生系薬学実習
健康と環境をテーマに身近な内容について、食品中脂質の変質やビタミンおよび着色色素に関する試験、飲料水や河川・湖沼水、室内空気に関して、学生が自由に選択して持参した身近な対象物を用いて試験を行います。
医療系薬学実習T(調剤の基礎と情報収集)
薬剤師業務の基礎となる処方せんに基づいた調剤業務の中で「内服薬の調剤」や「注射剤の調製」などを行い、正しくくすりが調剤されているかを確認する「調剤薬鑑査」までを実習します。また、くすりに関する情報を収集し、調剤したくすりの効果や相互作用、副作用について、考えながら学習します。



4年次

医療系薬学実習U(調剤の実践と服薬指導)実習風景|薬学部
実習風景|薬学部
医療系薬学実習Tで学んだ知識や技能をもとに、個々の患者さんに合った医療について実習します。患者さんの背景や検査値などの「情報収集」を行い、「治療的薬物モニタリング:TDM」による処方設計などを学習します。また、患者さんや来局者への「応対」や「服薬指導」についても、実際のくすりを使用しながら実習します。
病院・薬局事前実習T(臨床実習で必要な基本的知識の習得)
病院·薬局実務実習における参加型長期実務実習に先立ち、「実務実習事前学習」として位置づけ、大学内で調剤、製剤、医薬品情報および服薬指導などの薬剤師職務に要な基本的な知識、技能、態度を修得します。
関連職種連携実習
※5年次に履修する場合があります。
他の学部·学科の学生とチーム編成し、医療福祉施設で実際の患者さんの治療計画を立て、カンファレンスに参加するなど「チーム医療・チームケア」を実践します。

5・6年次

病院・薬局実務実習T(主に病院での実習)実習風景|薬学部
病院で11週間の実務実習(臨床実習)を行います。病院薬剤師の業務と責任を理解し、チーム医療に参画できるようになるために、調剤および製剤、服薬指導などの薬剤師業務を臨床現場で学びます。
病院・薬局実務実習U(主に薬局での実習)
薬局で11週間の実務実習(臨床実習)を行います。薬局の社会的役割と責任を理解し、地域医療に参画できるようになるために、保険調剤、 情報提供、健康相談、医療機関や地域との関わりについて臨床現場で学びます。