• 薬学部をめざす皆さんへ
  • 薬学部の特長
  • オープンキャンパス
  • 薬学部の入試
  • 資料請求


薬学部の特長

臨床に強い病院薬剤師をめざします

国際医療福祉大学薬学部では、臨床に強い病院薬剤師を育成しています。

薬局で処方せんどおりに調剤するだけではなく、現場において、医師に対し薬物治療の助言を行ったり、医師・看護師などとチームで患者さんに対応したりすることができる、コミュニケーション能力の高い病院薬剤師をめざします。

命の尊さを知るからこそ、丁寧な応対ができるようになります。



国際医療福祉大学三田病院勤務 野澤さん
(国際医療福祉大学 薬学部 2011年度卒業)
国際医療福祉大学病院 薬剤部勤務 齋藤 美紗さん
大学附属病院の薬剤師として調剤業務にあたっています。在学中に最も印象深かったことは動物を使った実習です。解剖や薬物投与の実験で効果を実感できただけでなく、命の尊さを考えさせられるものでした。社会に出て患者様の相談に丁寧に応対できることも、当時の経験が影響しているのだと思います。先生には親身に相談に乗っていただき、国家試験も自信を持って受験できました。今でも継続的な勉強が義務づけられますが、大学で培った医療人としての責任を感じて仕事に臨むことができています。


在学中にチーム医療が体感できる環境

薬学部のある大田原キャンパスには、

医療福祉専門職をめざす3学部8学科の学生が集結しています。

これが、国際医療福祉大学と単科の薬科大学の大きな違いです。本学の学生たちは、キャンパスライフのなかで自然に他学科の学生・教員と触れ合える環境が身近にあるため、在学中から他職種に対する理解やコミュニケ−ション能力が養えるのです。 将来同じ医療福祉の世界で活躍する専門職をめざす仲間たちと、学科間の垣根を超えて交流を図ることで、在学中にチ−ム医療・チームケアを体感できる環境が身近にあるのが国際医療福祉大学です。 


附属病院と豊富な関連実習施設で充実した実習が可能

薬学部が6年制に移行された大きな理由は、臨床実習教育の重視です。

これによって、約半年間の臨床実習が必修となりました。

附属病院を持たない単科の薬科大学が医学部を持つ大学と合併した例があるように、 全国の薬学部を持つ大学にとっては、実習施設の確保が最大の課題となりました。
国際医療福祉大学には、5つの附属病院をはじめ臨床医学研究センターという位置づけの多くの関連施設があります。最新の設備と各分野の第一人者による指導により、質の高い実務実習が可能です。また、これらの施設には多くの卒業生が働いていますので、丁寧な指導のもと、安心して実習に臨めます。

 附属病院・施設
 その他の附属・関連施設(臨床医学研究センター)のご紹介

学費サポート制度の充実

薬剤師をめざすみなさんに学びの場を提供できるように、進学を支援する『学費サポート制度』を導入しています。 

学費の低額化

本学では、薬剤師をめざすみなさんが学びのチャンスをあきらめることのないように、他の私立大学と比べて負担を軽減した学生納付金を設定しています。

 

薬学部(6年制)

学 年

入学金

授業料

実験実習費

施設設備費

合 計

初年度

300,000円

1,100,000円

50,000円

300,000円

1,750,000円

2〜6年次

-

1,100,000円

230,000円

300,000円

1,630,000円

 6年間合計 9,900,000円



※全国私立大学薬学部の平均学費 6年間合計 11,958,000円
(2017年度日本私立薬科大学協会資料参照、本学調べ)


詳細については、こちらをご確認ください。

資料請求はこちら



特待奨学生制度1:特待奨学生特別選抜入試

薬剤師をめざす方々を経済的な面から全面的にサポートすることを目的とし、特待奨学生特別選抜入試を実施します。
この入試では、成績上位合格者を対象に特待奨学生Sおよび 特待奨学生Aを選抜します。
特待奨学生Sには授業料の100%相当額、特待奨学生Aには授業料の50%相当額の奨学金を6年間給付します。

特待奨学生特別選抜入試のPOINT

@ 特待奨学生Sには授業料の100%相当額の奨学金を6年間給付

A 特待奨学生Aには授業料の50%相当額の奨学金を6年間給付

B 12月に合格がきまる早期入試

C 他大学との併願も可能

D AO入試や高校推薦入試入学手続者のチャレンジ受験も可能
→ 特待奨学生特別選抜入試にチャレンジ受験をする場合、入学検定料は10,000円になります

E 特待奨学生S・特待奨学生Aとは別に一般合格者として合格のチャンスあり
→ 当入試の一般合格者は特待奨学生制度2にチャレンジできます

F奨学金は返還不要



種別 給付額 振替後の
学生納付金総額
(6年間合計)
対象人数
特待奨学生S 授業料 100%相当額 330万円 20名
特待奨学生A 授業料 50%相当額 660万円 30名
特待奨学生制度2:一般入試前期・大学入試センター試験利用入試T期

一般入試前期と大学入試センター試験利用入試T期では、成績上位合格者を対象に特待奨学生Bを選抜します。
特待奨学生Bには、授業料の30%相当額の奨学金を6年間給付します。

一般入試前期・大学入試センター試験利用入試T期のPOINT

@ 特待奨学生Bには授業料の30%相当額を6年間給付

A 特待奨学生特別選抜入試の一般合格者の受験も可能

B 入学検定料の割引制度あり

C 他大学との併願も可能

D 一般入試前期は地方試験場での受験が可能

E センター試験受験後の出願が可能


種別 給付額 振替後の
学生納付金総額
(6年間合計)
対象人数
一般入試前期 センター利用
入試T期
合計
特待奨学生B 授業料
30%相当額
792万円 25名 25名
50名

※奨学金は当該年度の授業料に振り替えます。
※振替後の学生納付金には授業料以外に入学金(初年度のみ)、実験実習費、施設設備費が含まれます。
※特待奨学生は、試験結果の科目合計得点率が60%以上の者を対象に選抜します。前年度の修学状況によっては、2年次以降、給付対象とならない場合があります。