• 薬学部をめざす皆さんへ
  • 薬学部の特長
  • オープンキャンパス
  • 薬学部の入試
  • 資料請求

カリキュラム 薬学部の教育環境

近年、薬物療法の高度化・複雑化に伴って、チーム医療における薬剤師の役割がより重要になってきました。そこには、医師、看護師などの医療スタッフと連携して、個々の患者さんに最適な治療を行うための情報交換があります。したがって、薬剤師には「コミュニケーション能力」が強く求められます。また、患者さんへは思いやりを含めてコミュニケーションをとる事が何より大切なことです。
単に薬の使用法や副作用を説明するだけでなく、患者さんの訴えや状態をしっかり受け止め、それを有効かつ安全な薬物療法につなげていくことが薬剤師の責務です。コミュニケーションを円滑に行うためには、「幅広い知識と応用力」も備わっていなければいけません。大学で習得した知識を基盤に、常に新しい医療情報に関心を持って知識を積み重ねていくことが必要です。
本学のカリキュラムは、基礎から専門領域に至る講義に加え、多くの実習・演習から構成されています。これらのカリキュラムを通じて、教員は医療の場で求められる知識・技術・態度を有した薬剤師の育成に全力をあげて取り組んでいます。

薬学部6年制のカリキュラム

まず、化学、生物、物理、語学等の基礎的な科目を学び、薬学の基礎を築きます。続いて、応用的な知識を身に付け、医療薬学(疾病と病態生理学、薬物治療学等)へと進んでいきます。
その後、薬学共用試験により4年次までに身に付けた知識を確認し、実務実習に臨みます。
特に重視される実務実習に関しては、薬学棟の3階全フロアを占める最新の学内実習施設における事前実務実習が充実していることが、本学の大きな特徴です。
また、卒業後の多彩な進路選択にも対応できる科目も用意しています。

 

OSCE (客観的臨床能力試験) への対応

薬学共用試験の一つであるOSCEは、5年次に医療現場に出て実務実習を行うために必要な技能や態度を問う客観的臨床能力試験です。具体的には、散剤、液剤、注射剤などの調剤技能、模擬患者さんへの対応や服薬指導などの課題があります。 これらについて万全な対策がとれるよう、医療系薬学実習などさまざまな実習が準備されています。これまで重ねた努力が、臨床実務実習への扉を大きく開くことでしょう。

1年 総合教育科目 人間学系 ◎心理学
◎コミュニケーション概論
社会系 ◎法学
自然・情報系 ◎統計学
◎数学
◎化学
◎生物学
◎情報処理U(基礎)
◎生命倫理
総合系 ◎大学入門講座T(基礎)
外国語系 ◎英語講読1(Primary)
◎英語CALL1(Primary)
専門教育科目 専門基礎 ◎臨床心理学概論
◎基礎薬学実習T(物理)
◎基礎薬学実習U(生物)
専門 ◎薬学概論
◎有機化学T(脂肪族化合物1)
◎分析化学T(溶液中の化学平衡と滴定法)
◎薬品物理化学T(物性とエネルギー)
◎生化学T(生体分子)
◎解剖生理学T(外皮系、骨格系・筋肉系、循環器系)
◎早期体験実習
2年 専門教育科目 専門基礎 ◎関連職種連携論
◎薬学演習T(物理系等)
◎薬学計算
◎コミュニケーション実習
専門 ◎有機化学U(脂肪族化合物2)
◎有機化学V(芳香族化合物)
◎生薬学
◎天然物化学
◎分析化学U(機器分析,分離分析および臨床分析)
◎医薬品構造解析
◎薬品物理化学U(平衡と変化)
◎放射化学
◎生化学U(生体エネルギー・代謝)
◎分子生物学T(遺伝情報・細胞内情報伝達)
◎分子生物学U(細胞間コミュニケーション・遺伝)
◎解剖生理学U(神経系、内分泌系)
◎解剖生理学V(消化器系、呼吸器系、泌尿器系)
◎疾病と病態生理学T(内分泌系疾患、神経精神系疾患等)
◎免疫学
◎物理薬剤学
◎衛生化学T(食品・栄養)
◎化学系薬学実習T(有機合成)
◎化学系薬学実習U(天然資源)
◎物理系薬学実習
3年 専門教育科目 専門基礎 ◎公衆衛生学
◎関連職種連携ワーク
◎薬学演習U(化学系等)
◎薬学演習V(生物系等)
◎病原微生物学
専門 ◎医薬品構造化学
◎がん薬物療法学
◎ゲノム医療
◎化学療法学
◎疾病と病態生理学U(循環器系疾患、消化器系疾患等)
◎疾病と病態生理学V(呼吸器系疾患、代謝性疾患等)
◎薬理学T(総論、末梢神経薬理等)
◎薬理学U(中枢神経薬理、免疫・炎症薬理等)
◎臨床検査医学
◎臨床薬学T(調剤の基礎)
◎薬物動態学
◎医薬品情報学T(医薬品情報の収集と活用)
◎衛生化学U(毒性・代謝)
◎環境衛生学
◎日本薬局方
◎漢方医学T(漢方の基礎)
◎OTC医薬品概論
◎分子生物学実習
◎臨床検査医学実習
◎衛生系薬学実習
◎医療系薬学実習T(調剤の基礎と情報収集)
4年 専門教育科目 専門 ◎薬理学V(循環器薬理、消化器薬理等)
◎薬理学W(呼吸器薬理、内分泌薬理等)
◎医薬品安全性学
◎薬物治療学T(神経精神系疾患、内分泌系疾患等)
◎薬物治療学U(循環器系疾患、呼吸器系疾患等)
◎製剤設計とDDS
◎臨床薬学U(調剤の実践)
◎臨床薬学V(薬物療法の実践)
◎臨床薬物動態学
◎医療関係法規
◎漢方医学U(漢方の応用)
◎生物系薬学実習
◎医療系薬学実習U(調剤の実践と服薬指導)
◎病院・薬局事前実習T
(臨床実習で必要な基本的知識)
◎病院・薬局事前実習U
(臨床実習で必要な基本的技能)
☆共用試験 CBT/OSCE☆
6年制課程の薬学部においては共用試験に合格しないと実務実習を行うことができません。
CBTはコンピュータで行う知識を問う試験、OSCEは医療現場に必要な技能と態度を問う客観的臨床能力試験です。
5年 専門教育科目 専門基礎 *関連職種連携実習 ◎病院・薬局実務実習T
(主に病院での実習)
◎病院・薬局実務実習U
(主に薬局での実習)
◎卒業研究
専門 ◎臨床薬学W
(チーム医療・地域医療の実践その前に)
6年 専門教育科目 専門 ◎薬物治療学V
(症例・病態解析)
◎医薬品情報学U
(EBMと臨床研究)
◎総合薬学演習T
(主として物理・化学・生物・衛生)
◎総合薬学演習U
(主として薬理・薬剤・病態・実務)

◎は必修科目、*は主な選択科目。
カリキュラムは変更する場合があります。