• 薬学部をめざす皆さんへ
  • 薬学部の特長
  • オープンキャンパス
  • 薬学部の入試
  • 資料請求

6年制プログラム

地域医療への貢献をめざし臨床実習を重視した新しい6年制教育
 2005年4月、大田原キャンパスに誕生した薬学部は、北関東の地域医療における薬剤師不足解消に貢献することはもとより、既設の医療機関や医薬品産業との連携によって、地域医療の活性化に大きな役割を果たすことが期待されています。
 本学は従来の薬学教育に不十分であった臨床薬学教育に重点を置いて教育を行います。
 特に重視される臨床実務実習に関しては、薬学部棟の3階全フロアを占める、最新の学内臨床実習施設(模擬病院薬局、模擬保険薬局など)において事前実務実習が充実していることが大きな特徴です。
 さらに学外においては、国際医療福祉大学病院、国際医療福祉大学塩谷病院、国際医療福祉大学三田病院、国際医療福祉大学熱海病院をはじめとする附属病院に加え、栃木県内の医療施設、保険薬局の協力のもと、きめ細かな臨床実務実習を行います。
 これらの臨床実務実習は、実際に臨床現場での実務経験豊かな教員スタッフが担当します。
6年間の学習の流れ