在学生/卒業生の声

在学生の声

介護福祉士と社会福祉士のダブルライセンス取得が目標です。

小野沢 麻衣さん
長野県 中野西高等学校出身

医療福祉・マネジメント学科 4年
(介護福祉コース)

高校生のときに訪れたデイサービスで高齢者の方と関わり、介護をとおして人の役に立ちたいと考え、福祉の道に進みました。国際医療福祉大学を選んだ理由は、充実した関連施設や就職率の高さに加え、介護福祉士と社会福祉士の国家試験受験資格がダブルで取れるからです。入学してからは介護福祉コースに所属し、授業や高齢者施設での実習で介護の知識や技術を学んでいます。

医療の発展や変化に対応できるような医療従事者になりたい。

田中 大海さん
福島県 日本大学東北高等学校出身

医療福祉・マネジメント学科 4年
(診療情報管理コース)

現場に強い医療従事者の養成や就職率の高さ、多くの専門資格が取れることに魅力を感じてこの学科を受験しました。印象に残っている授業は、1年次での「入門ゼミ」と2年次になってからの医療マネジメントの「基礎ゼミナール」です。先生や多くの仲間と緊密なコミュニケーションをとれることは大学生活の大きな支えになりました。3年次になってからは、実習をとおして実務に必要な知識を学び、診療情報管理士の資格取得をめざして勉強しています。


卒業生の声

学生時代に見学した宅老所を忘れられずに自ら起業。

小野寺 真也さん
栃木県立烏山高等学校出身

2004年度卒業
特定非営利活動法人 いかんべ寄り処堀ノ内 理事長(栃木県)勤務

学生時代の学びを生かし、卒業後は老人保健施設、そして特別養護老人ホームに勤務しました。しかし、学生時代に見学した宅老所の自由な雰囲気が忘れられず、自分で施設を立ち上げました。今では施設運営が安定し、利用者さんと日々楽しい時間を過ごしています。大学生活でさまざまな経験をしたことが、何よりの宝になっています。

患者様のご家族や関係機関とも連携しながら支援にあたっています。

和智 萌さん
茨城県立那珂高等学校出身

2005年度卒業
茨城県立こころの医療センター
福祉連携サービス部
地域医療連携室主事(茨城県)勤務

地域に貢献したいという気持ちがあり、地元茨城の病院で精神保健福祉士として働いています。患者様だけでなく、そのご家族や地域の関係機関からの相談にも対応し、互いに連携しながら支援を行っています。国際医療福祉大学での幅広い学びが日々の仕事に活かされています。

ケアの可能性は無限大。やりがいのある仕事です。

長谷川 淳さん
栃木県立大田原高等学校出身

2006年度卒業
特別養護老人ホーム/障害者支援施設
新宿けやき園
福祉相談科 主任(東京都)勤務

現在は主任として、介護業務や家族への相談業務などの仕事をしています。国際医療福祉大学は私の原点であり、そこで学んだことは「決して基本を怠らない」ということです。仕事で迷ったときや悩んだときはこの言葉を思い出しながら日々の業務を行っています。皆さんもぜひこの大学で学んで視野を広げてください。

コミュニケーション能力の向上が質の高い業務につながります。

池谷 麻実さん
福島県立安積女子高等学校
(現:安積黎明高等学校)出身

2001年度卒業
太田西ノ内病院 学術庶務課
診療情報管理室 係長(福島県) 勤務

在学中に勉強を始め、取得した診療情報管理士の資格を生かし、カルテ管理業務や診療統計の作成を行っています。医療の現場や経営の向上に貢献して
いる実感があります。医師をはじめ医療従事者とのコミュニケーションは必須。コミュニケーション能力は、国際医療福祉大学で多くの他学科の学生と一緒に学んだからこそ、身につけられたと思っています。

大学で学んだ「チーム医療・チームケア」の考え方が、MRでも生かされています。

石田 祐太さん
栃木県立茂木高等学校出身

2009年度卒業
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
営業職(東京都)勤務

MR(医療情報担当者)として医師からの「ありがとう」の一言がやりがいになっています。大学で学んだ医療、医学、診療報酬、医療経営の知識に加え、病院実習や「関連職種連携実習」の経験が役立っています。学んだことが仕事に生きる喜びを、実感できます。大学のサークルにはさまざまな学科の学生がいて、協力しながら目標を達成することの大切さも学びました。