5つのコース (介護福祉コースは入学時、他のコースは2年進級時に選択します)

「社会福祉コース」とは?

 社会福祉コースでは、身体上や精神上の障害により、また、環境上の理由により日常生活を営むことが困難な高齢者や障害者、児童等の福祉に関する相談に応じ、助言や指導、福祉サービスの提供を行う「社会福祉士」の養成を目的としています。

カリキュラム

 社会福祉コースでは、社会福祉士の国家試験を受けるために必要な科目を中心として、以下のような医療・福祉・マネジメントに関する専門科目を幅広く学んでいくことになります。そのため、社会福祉士の専門的な勉強をしながら、マネジメント関係の資格を取得することも可能です。


社会福祉コースの養成課程

社会福祉コースの実習課程

実 習 に 必 要 な 基 礎 知 識 の 習 得
社会福祉専門職の援助技術 @利用児・者の能力・問題状況の把握
A感情、気持ちへの関心と支援関係の形成能力
B必要な支援サービスの把握と援助計画の立案
C援助過程と専門的援助関係
D人権尊重、権利擁護、自立支援の視点
E施設・機関で用いられる社会資源の知識と活用
施設・機関の役割と機能の理解 @目的、法的根拠、地域で果たす具体的役割
A配置される専門職理解、力を発揮する職員組織(チームワーク)・役割
B他機関・施設とのネットワーク
社会福祉援助者としての自己理解 @学生自身の価値観、行動特性への気づき、理解を踏まえての援助者
A援助者としての、自己の気持ちのコントロールを認識しての支援

5 つ の 領 域 に よ る 実 習 (180時間以上)
(1)地域福祉 市町村社会福祉協議会
(2)行政相談機関 市福祉事務所/県健康福祉センター
(3)高齢者福祉 特別養護老人ホーム/養護老人ホーム
軽費老人ホーム/地域包括支援センター/ディサービス・デイケア
(4)障害児・者福祉 障害者支援施設/知的障害児通園施設/知的障害者施設 (更生・授産・通勤寮)/身体障害者療護施設/身体・知的障害者更生相談所/
重症心身障害児施設/障害者ディサービス事業/
身体障害者福祉センターB 型
(5)児童福祉 母子生活支援施設/児童自立支援施設/児童養護施設/
児童相談所/婦人相談所


事後学習 ・ 実習報告書作成 ・ 報告会 ・ 実習評価会議等による事後指導



社会福祉士国家試験

社会福祉士になるためには、所定の科目を修めて、国家試験に合格することが必要です。この点、社会福祉コースでは、一流の教授陣や充実した教育・実習・補講プログラムによって、以下の図のように、全国の大学や専門学校の中でも圧倒的に高い国家試験の合格率を誇っています。




将来の進路

高齢化の進展や福祉施策の充実、児童福祉問題の拡大などに伴って社会福祉士の活躍の場はますます広がっています。施設、病院、自治体(県や市町村)、地域包括支援センター、社会福祉協議会などさまざまな場でたくさんの卒業生が活躍しています。その他、学校で子供や保護者などの相談に応じるスクールソーシャルワーカー、刑務所で受刑者の出所後の自立生活の準備をするソーシャルワーカーなど、活躍の場はさらに広がっています。


児童自立支援施設、障害者支援施設、特別養護老人ホーム、病院、高齢者・障害者デイサービスセンター、
地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、児童相談所、婦人相談所、市町村行政、社会福祉協議会、
シルバービジネスなど

拡大する福祉の労働市場
厚生労働省の発表によると、平成28年3月の有効求人倍率は1.30倍、完全失業率は3.2%となっております。
一方、中央福祉人材センターの最新データ(平成28年2月)をみると、分野により差はありますが、全体では第一希望の有効求人倍率は3.98倍となっており、最も注目される産業として「福祉」分野が突出しています。不況に強い「福祉の職場」です。