岸 浩一郎 教授
学位・学歴

学歴:
東京大学教養学部基礎科学科卒業
東京大学大学院理学系研究科修士課程修了、理学修士
東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士
職歴:
自治医科大学医学部薬理学教室助手
自治医科大学医学部薬理学教室講師
自治医科大学情報センター准教授
自治医科大学情報センター副センター長
国際医療福祉大学情報教育室教授・IR(教育情報)推進室長

担当科目

学部:
統計学
薬理学
臨床薬理学
眼科薬理学

教育研究分野

統計学、薬理学、医療情報学、テストの科学

研究テーマ

シミュレーションソフトを用いた医療教育に関する研究
ニューラルネットワークを用いた情報処理に関する研究
医療情報データの多変量解析に関する研究
教育情報データの多変量解析に関する研究

研究業績
  • Miyahara, M., Kishi, K., and Noda, H.: F-protein, a myofibrillar protein interacting with myosin. J. Biochem. 87:1341-1345, 1980.
  • 三上襄、岸浩一郎、加治晴夫、新井正: 好気性病原性放線菌の薬剤感受性について. Jpn. J. Med. Mycol. 22:265-272, 1981.
  • Takahashi, K., Yazawa, K., Kishi, K., Mikami, Y., Arai, T., and Kubo, A.: Microbial conversion of saframycin A to 25-dihydrosaframycin A and 21-decyano-25-dihydrosaframycin A (25-dihydrosaframycin B) and their biological activities. J. Antibiotics 35:196-202, 1982.
  • Kishi, K. and Noda, H.: Fluorescence polarization studies on myosin-substrate interaction. J. Biochem. 93:717-721, 1983.
  • Kishi, K. and Noda, H.: Laser Raman studies on myosin, C-protein, and myosin-C-protein complex. J. Biochem. 94:353-359, 1983.
  • Kishi, K., Yazawa, K., Takahashi, K., Mikami, Y., and Arai, T.: Structure-activity relationships of saframycins. J. Antibiotics 37:847-852, 1984.
  • Ohta, T., Kishi, K., Nojima, H., Nagano, K., and Sokabe, H.: Purification and characterization of Na+,K+-ATPase from the kidney of spontaneously hypertensive and Wistar Kyoto rats. Biomedical Res. 5:521-526, 1984.
  • Kishi, K., Kawashima, K., Sokabe, H., and Saito, K.: Chronic effects of arotinolol (S-596) in spontaneously hypertensive rats. J. Pharmacobio-Dyn. 8:50-55, 1985.
  • Kishi, K., Watanabe, T. X., Kawashima, K., and Sokabe, H.: Effects of steamed ginseng radix on blood pressure in hypertensive rats. J. Med. Pharm. Soc. WAKAN-YAKU 2:7-13, 1985.
  • Kubota, N., Kishi, K., Sokabe, H., Kawashima, K., Ishii, Y., and Kawase, S.: Chronic effects of a β-adrenoceptor blocking drug, 4-[3-(tert-butyl amino)-2-hydroxypropoxy]-N-methylisocarbostyril hydrochloride (N-696), in hypertensive rats. J. Pharmacobio-Dyn. 8:134-141, 1985.
  • Nojima, H., Kishi, K., and Sokabe, H.: Multiple calmodulin mRNA species are derived from two distinct genes. Mol. Cell. Biol. 7:1873-1880, 1987.
  • Kusaka, M., Kishi, K., and Sokabe, H.: Does so-called streptozocin hypertension exist in rats?  Hypertension 10:517-521, 1987.
  • Kusaka-Nakamura, M., Kishi, K., Miyazawa, A., Yagi, S., and Sokabe, H.: Antihypertensive treatment in spontaneously hypertensive rats with streptozotocin-induced diabetes mellitus. Acta Physiol. Hungarica 71: 251-269, 1988.
  • Inoue, T., Masuda, T., and Kishi, K.: Structural and functional alterations of mesenteric vascular beds in spontaneously hypertensive rats. Jpn. Heart J. 31:393-403, 1990.
  • Kishi, K. and Inoue, T.: Possible mechanisms of abnormal norepinephrine sensitivity and reactivity of resistance vessels and the development of hypertension in spontaneously hypertensive rats: a hypothesis. Amer. J. Hypertens. 3:202S-205S, 1990.
  • Kishi, K. and Ikeda, M.: Chronic effects of SQ29,852, a new angiotensin converting enzyme (ACE) inhibitor with a phosphonic acid group, in experimental hypertensive rats. General Pharmacology 24:863-866, 1993.
  • Takeda, T., Mizoe, H., Kishi, K. and Matsuoka, T.: Forced formation of a geometrical feature space by a neural network model with supervised learning. IEICE Transactions Fund. Electr.  E76-A: 1129-1132, 1993.
  • Takeda, T., Kishi, K., Yamanouchi, T., Mizoe, H. and Matsuoka, T.: Significance of distributed representation in the output layer of a neural network in a pattern recognition task. Medical & Biological Engineering & Computing 32: 77-84, 1994.
  • 佐々木寛、岸浩一郎、武者利光: 双極子追跡法を用いたヒトの脳における視覚的文字の認識処理に関する研究. 山形医学 13(1):97-107, 1995.
  • Kikuchi, T., Matsuoka, T., Takeda, T., Kishi, K.: Evaluation of self-organized learning in a neural network by means of mutual information. IEICE Transactions Fund. Electr.  E78-A: 579-582, 1995.
  • 菊地登志子、松岡孝栄、竹田俊明、岸浩一郎: 競合学習ニューラルネットワークによる自動分割. 電子情報通信学会論文誌 D-II Vol.J78-D-II No.10 :1543-1547, 1995.
  • 菊地登志子、岸浩一郎、宮道寿一: 相互情報量により学習パラメータを調整した効率的データ自動分割アルゴリズム. 電子情報通信学会論文誌 D-II Vol.J82-D-II No.4 :660-668, 1999.
  • 菊地登志子、岸浩一郎、宮道寿一: ニューラルネットワークの入出力間相互情報量に基づくデータ自動分割システム. 日本社会情報学会学会誌 12(1):43-56, 2000.
  • 永井道明、岸浩一郎、加藤敏: 大脳皮質島葉の構造と機能. 神経研究の進歩 46: 157-174, 2002.
  • 永井道明、岸浩一郎、加藤敏: 大脳皮質島葉と心身機能. 精神医学 45(1): 6-20, 2003.
  • 金澤暁太郎、根岸聖一、岸浩一郎、沢辺元司、新井冨生:連続剖検7000例から得られた本邦大腸腺腫に関する新知見.栃木県医学会々誌 35:33-35,2005.
  • Kanazawa, K., Negishi, S., Kishi, K., Sawabe, M., Arai, T.: Chronological trend of calorie intake and the incidence of epithelial neoplasms of the large intestine during the past 30 years in Japan. Oncology 69(supple 1):46-49,2005.
  • Nagai, M., Kishi, K., Kato, S.: Insular cortex and neuropsychiatric disorders - a review of recent literature. Eur. Psychiatry 22(6):387-394,2007.
  • 大木いづみ, 尾島俊之, 渡邉至, 上原里程, 岸浩一郎, 中村好一:自治医科大学医学生のコンピュータ使用の推移.医学教育 39(2):103-108,2008.
  • Yasuda, M., Kobayashi, T., Kato, S., Kishi, K.: Clinical features of late-onset schizophrenia in Japan: comparison with early-onset cases. Psychogeriatrics 13:244-249,2013.
  • Inoue, K., Inoue, K., Suda, S., Shioda, K., Kobayashi, T., Kishi, K., Kato, S.: Functional impairment in outpatients with mental disorders after the 2011 Great East Japan Earthquake. Jichi Medical University Journal 36:47-55,2013.
連絡先

TEL: 0287-24-3092
E-mail: kkishi@iuhw.ac.jp


斎藤 恵一 准教授
 
学位・学歴

学歴
早稲田大学理工学部 卒業
早稲田大学大学院理工学研究科 工学修士
早稲田大学大学院理工学研究科 博士(工学)
職歴
早稲田大学人間総合研究センター 助手
東京電機大学先端工学研究所 准教授, 客員教授

担当科目

学部:
医療情報学概論
電子カルテによるチーム医療概論
コンピュータの基礎
情報処理T・U
大学院:
医療情報分析における統計処理

教育研究分野

医療情報学,人間情報学,人間医工学

研究テーマ

診断群分類精緻化のためのCCPマトリックス構築手法の開発

研究業績
  1. 斎藤,伏見, “在院日数分布に着目した2型糖尿病のCCPマトリックス構築の試み“,日本医療・病院管理学会誌, 51( Supp) ,204 (2014).
  2. 斎藤,伏見, “Kullback-Leibler Divergenceを用いた2型糖尿病のCCPマトリックス構築の試み“,第34回医療情報学連合大会,千葉 (2014).
  3. 齋藤,斎藤ほか, “Webアクセシビリティのための明度差および色差を用いた視認性予測の検討, “ライフサポート25(1), 5-10 (2013).
  4. M. Yuasa, K. Saito et al.,” Brain activity while reading sentences with kanji characters expressing emotions: an fMRI study on kanji characters expressing "laughter" and "tears", Electronics and Communications in Japan (Wiley), 94(5),1-8 (2011).
  5. K. Saito, L. G. Wang, et al., “Functional Magnetic Resonance Imaging Analysis of Brain Activation for effect of Contrast Changes in Visual Perception”, International Journal of Biomedical Soft Computing and Human Sciences, 17(1),107-113 (2010).

石川 徹 講師
 
学位・学歴

学歴
1992年 足利工業大学経営工学科 卒業
1995年 足利工業大学大学院修士課程 工学研究科経営情報工学専攻 修士(工学)
1999年 足利工業大学大学院博士課程 工学研究科情報・生産工学専攻満期退学
職歴
1999年 太田情報商科専門学校
2003年 太田医療技術専門学校
2005年 足利工業大学睡眠科学センター
2007年 国際医療福祉大学情報教育センター

担当科目

情報処理
コンピュータの基礎
電子カルテによるチーム医療概論

教育研究分野

医療情報学、情報教育、人間工学

研究テーマ

医療情報を用いたデータ分析、情報教育に関する教育法、睡眠と覚醒の関係に関する人間工学的研究

研究業績

コメディカル教育のための情報リテラシーとコンピュータの基礎、共立出版(2011)
電子カルテを用いたコメディカル養成のための医療情報活用教育、医療情報学連合大会論文集(2011)
医療系大学におけるコンピューターリテラシー教育とその改善の取り組み、医療情報学連合大会論文集(2009)
日中の活動と徐波睡眠、足利工業大学研究集録(1996)
Individual differences diurnal variation of task performance、Computer and Industrial engineering(1994)


江田 哲也 講師
 
学位・学歴

宇都宮大学 卒業
宇都宮大学 大学院修士 (工学)
宇都宮大学 大学院博士 (工学)
平成24年4月 現職

担当科目

・情報処理T,U,V
・コンピュータの基礎
・電子カルテによるチーム医療概論

教育研究分野

・感性情報学
・医療情報学
・認知科学

研究テーマ

・医用システム(電子カルテシステム)を用いた教育方法の検討及びその評価
・医療教育における感性の係わりに関する研究

研究業績
  • 若手研究(B)平成26年〜27年 KYT法を利用した気づきに対する主観的評価及び共感性との関係についての研究.
  • 遠隔授業システムによる電子カルテシステムを用いた医療教育,第33回医療情報学連合大会,pp.364-365,2013.
  • Quantification of Perceived Whiteness,Journal of Light & Visual Environment,Journal of Light & Visual Environment,Vol.35,No.1,pp.55-61,2011.
  • Influence of blackness on visual impression of color images,Kansei Engineering International Journal,Vol.10,No.1,pp.49-58,2010.
  • 知覚的黒みの研究,電気情報通信学会誌,第93巻,第4号,pp.316-321,2010.【解説】