山田 治美(やまだ はるみ)教授

山田 治美(やまだ はるみ)教授

医療・生命薬学専攻/生命薬科学専攻
所属キャンパス: 大田原キャンパス

略歴

東京大学大学院薬学系研究科生命薬学専攻博士課程 修了 博士(薬学)
東京大学医科学研究所附属病院薬剤部
フランス 国立ビシャ・クロウド‐ベルナルド病院(Hopital Bichat-Claude Bernard)寄生虫研究室研究員を経て平成18年より、国際医療福祉大学薬学部就任

学位

博士(薬学)

専門分野

薬物動態学・医療薬学

担当科目

臨床薬物動態学特論Ⅰ・Ⅱ(基礎・応用)、臨床薬物治療学特論、医療・生命薬学特別研究

研究指導テーマ

抗がん薬・感染症治療薬の薬剤適正使用に関する調査および実験的研究

大学院入学希望者に望むこと

リサーチマインドを持って、何事にも積極的に取り組んで行きましょう。

自身の研究テーマ

抗HIV薬による薬物代謝酵素に与える動態学的影響
薬物の体内動態と効果・副作用発現の関係解明
向精神薬・抗がん剤の副作用回避および薬学的管理法に関する研究

研究業績

1) がん化学療法施行患者の不安・抑うつ変化に対する薬剤管理指導の評価. 日本病院薬剤師会雑誌, 48(11), 1348-1351, 2012
2) 小児急性中耳炎再発防止のための治療後の抗菌薬使用およびその他関連因子の調査. 医療薬学, 39(3), 140-147, 2013
3) 外来がん患者に対する薬剤師外来の役割とその評価. 医療薬学, 38(9), 599-608, 2012
4) Consumption of a high-fat diet during pregnancy decrease the activity of cytochrome P450 3a in the livers of offspring. European Journal of Pharmaceutical Sciences, 47, 108-116, 2012
5) 統合失調症外来患者への対面式アンケートによる抗精神病薬の併用および副作用発現の調査,YAKUGAKU ZASSHI,2011
6) hCG/r-hFSH自己注射により精液所見が正常化した低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の一例,日本受精着床学会雑誌,2011
7) Effects of anti-malarial drugs on the electrocardiographic QT interval modelled in the isolated perfused guinea pig heart system,Malaria Journal(IF 3.0),2010
8) 抗酸化剤(ビタミンE・ビタミンC・グルタチオン)療法による造精機能障害改善効果の検討,日本受精着床学会雑誌,2010
9) 薬学部2年次生を対象とした医薬品情報学実習とその評価、医薬品情報学、2008
10) 早期体験学習(Early Exposure)の実施とその評価,医療薬学,2007
11) Influence of single-nucleotide polymorphisms in the multidrug resistance-1 gene on the cellular export of nelfinavir and its clinical implication for highly active antiretroviral therapy., Antivir Ther. 2004
12) Recommendations for the treatment of fungal pneumonias., Expert Opin Pharmacother. 2003
13) Simultaneous determination of the HIV protease inhibitors indinavir, amprenavir, saquinavir, ritonavir and nelfinavir in human plasma by high-performance liquid chromatography. J Chromatogr B Biomed Sci Appl. 2001

連絡先

TEL: 0287-24-3474
E-mail: hami515@iuhw.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください)