辻 稔(つじ みのる)准教授

辻 稔(つじ みのる)准教授

医療・生命薬学専攻/生命薬科学専攻
所属キャンパス: 大田原キャンパス

略歴

1993年星薬科大学薬学部卒業、1995年同大学大学院薬学研究科博士課程前期修了。薬学博士、医学博士。株式会社実生研筑波研究所研究員、東京医科大学医学部助手、国際医療福祉大学薬学部講師を経て、2009年より現職。日本薬理学会学術評議員、日本神経精神薬理学会学術評議員、日本ストレス学会学術評議員・編集委員会委員・基本問題検討委員会委員、日本緩和医療薬学会学術評議員・編集委員会委員・薬剤師育成委員会委員。

学位

薬学博士、医学博士

専門分野

神経精神薬理学

担当科目

生命薬科学特別研究
基礎薬物治療学特論
緩和医療薬学特論

研究指導テーマ

ストレス性精神疾患の病態解明と新規治療戦略開発に関する研究

大学院入学希望者に望むこと

ストレスや情動をキーワードとした基礎研究を行っています。失敗を恐れず色々な実験にチャンレンジして下さい。

自身の研究テーマ

ストレス適応に関与する脳内機構の解明
ストレス性精神疾患に対する新規薬物治療法の開発

研究業績

【著書】
「医療薬学 最新薬理学 第8版」(廣川書店,2008,共著)
「実践行動薬理学」(金芳堂,2010,編著)
【論文】
Brain 5-HT1A receptors as important mediators in the development of stress adaptation (Review). Current Neuropharmacology 1: 315-324 (2003)
Possible involvement of histone acetylation in the development of emotional resistance to stress stimuli in mice. Behavioural Brain Research 235: 318-325 (2012)

連絡先

TEL: 0287-24-3489
E-mail: mtsuji@iuhw.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください)