武田 弘志(たけだ ひろし)学部長/教授

武田 弘志(たけだ ひろし)学部長/教授

医療・生命薬学専攻/生命薬科学専攻
所属キャンパス: 大田原キャンパス

略歴

1977年星薬科大学薬学部卒業、1982年同大学大学院薬学研究科博士課程後期修了後、米国カルフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部に留学。医学博士、薬学博士。東京医科大学医学部教授(薬理学講座)を経て、現在、国際医療福祉大学薬学部長、大学院薬学研究科長。日本薬理学会理事・研究推進委員長、日本神経精神薬理学会理事・財務委員長、日本緩和医療薬学会理事・財務委員長・編集委員長、日本ストレス学会副理事長・基本問題検討委員長等を歴任。前日本ストレス学会会長(第23回日本ストレス学会学術総会会長)、前日本緩和医療薬学会会長(第5回日本緩和医療薬学会年会会長)。

学位

薬学博士、医学博士

専門分野

神経精神薬理学

担当科目

薬理学特論、緩和薬理学、医療・生命薬科学総合演習Ⅰ(生命系)、
医療・生命薬科学特別研究

研究指導テーマ

ストレス性精神疾患の病態解明と新規治療戦略開発に関する研究

大学院入学希望者に望むこと

ストレスや情動をキーワードとした基礎研究に興味がある方を歓迎します。

自身の研究テーマ

ストレス適応に関与する脳内機構の解明
ストレス性精神疾患に対する新規治療薬候補物質の検索

研究業績

【著書】
「疾病の成り立ちと回復の促進 薬理学 第2版」(医歯薬出版,2009,共著)
「医療薬学 最新薬理学 第8版」(廣川書店,2008,共著)
「臨床緩和医療薬学」(真興交易,2008,共著)
【論文】
Possible involvement of histone acetylation in the development of emotional resistance to stress stimuli in mice. Behavioural Brain Research 235: 318-325 (2012)
Corticosterone suppresses the proliferation of BV2 microglia cells via glucocorticoid, but not mineralocorticoid receptor. Life Science 91: 761-770 (2012)
Prenatal stress induces anxiety-like behavior together with the disruption of central serotonin neurons in mice. Neuroscience Research 70: 111-117 (2010)
Functional expression of the organic cation/carnitine transporter OCTN2 in rat astrocytes. Journal of Neurochemistry 97: 424-434 (2006)
Caffeic acid attenuates the decrease in cortical BDNF mRNA expression induced by exposure to forced swimming stress in mice. European Journal of Pharmacology 63: 401-409 (2006)
Brain 5-HT1A receptors as important mediators in the development of stress adaptation (Review). Current Neuropharmacology 1: 315-324 (2003)

連絡先

TEL: 0287-24-3436
E-mail: hirotakeda@iuhw.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください)