白石 昌彦(しらいし まさひこ)教授

白石 昌彦(しらいし まさひこ)教授

医療・生命薬学専攻/生命薬科学専攻
所属キャンパス: 大田原キャンパス

略歴

大阪大学薬学部卒業、大阪大学大学院薬学研究科博士前期課程修了。国立がんセンター研究所腫瘍遺伝子研究部研究員、国立がんセンター研究所腫瘍遺伝子研究部室長、国立がんセンター研究所プロジェクトリーダーを経て2005年国際医療福祉大学薬学部助教授、2010年より国際医療福祉大学薬学部教授。

学位

薬学博士

専門分野

ゲノム・分子生物学

担当科目

分子生物ゲノム学特論など

研究指導テーマ

DNAメチル化による転写制御

大学院入学希望者に望むこと

好奇心を持とう。

自身の研究テーマ

DNAメチル化による転写制御

研究業績

1) Ishimaru, N., Fukuchi, M., Hirai, A., Chiba, Y., Tamura, T., Takahashi, N., Tabuchi, A., Tsuda, M., and Shiraishi, M. (2010) Differential regulation of BDNF and NT-3 genes by trichostatin A and 5-aza-2'-deoxycytidine in Neuro-2a cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 394, 173-177.
2) Shiraishi, M. and Hayatsu, H. (2004) High-speed conversion of cytosine to uracil in bisulfite genomic sequencing analysis of DNA methylation. DNA Res., 11, 409-415.
3) Shiraishi, M., Oates, A. J., Xu, L., Chuu, Y. H. and Sekiya, T. (2004) Segregation of partly melted molecules: Isolation of CpG islands by polyacrylamide gel electrophoresis. Biol. Chem., 385, 967-973.
4) Shiraishi, M. (2004) Denaturing gradient gel electrophoresis to detect methylation changes in DNA. In Tollefsbol, T. O. (ed.), Methods Mol. Biol., Epigenetics Protocols. Humana Press, Tonowa, Vol. 287, pp. 219-232.
5) Shiraishi, M., Sekiguchi, A., Oates, A. J., Terry, M. J., Miyamoto, Y. and Sekiya, T. (2004) Methyl-CpG binding domain column chromatography as a tool for the analysis of genomic DNA methylation. Anal. Biochem., 329, 1-10.

連絡先

TEL: 0287-24-3712
E-mail: mshirais@iuhw.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください)