小野寺 敦志(おのでら あつし)准教授

小野寺 敦志(おのでら あつし)准教授

臨床心理学専攻
所属キャンパス: 東京青山キャンパス

略歴

1987年,日本大学文理学部心理学科卒業後,特別養護老人ホームの生活指導員として勤務。1990年より聖マリアンナ医科大学病院神経精神科に臨床心理士として勤務。2001年,認知症介護研究・研修東京センター研究企画主幹。在職中に,日本大学大学院総合社会情報研究科人間科学専攻博士前期課程修了。2009年より現職。

学位

修士(人間科学)

専門分野

臨床心理学,老年心理学

担当科目

臨床心理学研究法特論,基礎心理学特論Ⅱ,臨床心理基礎実習,臨床心理学特別研究

研究指導テーマ

高齢者臨床,心理アセスメント,家族支援に関するテーマ

大学院入学希望者に望むこと

自分から学び習得していくという積極性を期待します。また,臨床家として,専門性を磨くとともに,社会性や協調性を磨いてください。

自身の研究テーマ

介護職を対象にした研修方法開発,介護ストレス

研究業績

小野寺敦志,畦地良平,志村ゆず(2007) 高齢者介護職員のストレッサーとバーンアウトの関連.老年社会科学28(4):464-475.
小野寺敦志,松浦美知代,畦地良平,内藤圭之(2006)認知症介護専門棟職員に対する職場内研修の試み;パフォーマンス・マネジメントを用いた取り組みの効果検証.日本認知症ケア学会誌 5(3):403-415.

連絡先

TEL: 03-6406-8637
E-mail: ono-a@iuhw.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください)