イベント

診療情報アナリスト養成分野 第9回講演会・大学院進学相談会開催のお知らせ

2016.11.15

本イベントは終了しました。
診療情報の分析、活用と医療の質向上
−DPC、がん登録、医療安全への貢献を考える−

診療情報アナリスト養成分野では、"質の高い医療提供のために求められる診療情報の分析と活用のあり方"をテーマに講演会を開催いたします。あわせて、講演会終了後、大学院進学相談会を予定しております。是非多くの方々にご参加いただきたくご案内申し上げます。


講演会
タイトル
診療情報の分析、活用と医療の質向上
−DPC、がん登録、医療安全への貢献を考える−
日時 2016年11月27日(日)
講演会 13:00〜16:40 (受付開始時間 12:00)
進学相談会 17:00〜
プログラム
内容
13:00〜13:10 挨拶

天野 隆弘
国際医療福祉大学大学院 大学院長

13:10〜13:20 主催者挨拶

山本 康弘
国際医療福祉大学大学院 診療情報アナリスト養成分野
分野責任者 教授

13:20〜14:10 講演1

「医療の継続的な質改善に向けたRWD: Real World Dataの活用」
石川 ベンジャミン光一
国立研究開発法人国立がん研究センター 社会と健康研究センター
臨床経済研究室 室長

14:10〜15:00 講演2

「診療情報管理士とDPC、がん登録の精度の確保に向けて」
中村 高子
国際医療福祉大学大学院 研究生

15:20〜15:30 診療情報アナリスト養成分野の紹介

伊藤 由美
国際医療福祉大学大学院 診療情報アナリスト養成分野 准教授

15:30〜15:50 報告

「がん登録病院実習報告」
国際医療福祉大学大学院 診療情報アナリスト養成分野
がん登録専門コース 大学院生

15:50〜16:40 講演3

「医療情報管理と病院経営」−医療の質向上・安全確保への貢献−
飯田 修平
公益財団法人東京都医療保健協会 理事長、練馬総合病院 院長
医療の質向上研究所 所長

16:40   講演会閉会

17:00〜 大学院進学相談会
会場 国際医療福祉大学大学院 東京青山キャンパス・ホール
(青山一丁目タワー 5階)
アクセスマップはこちら
定員 180名
申込受付期間 2016年9月26日(月)〜11月26日(土)17時まで
参加費 無料
※当日は参加証として受付確認の返信メールを印刷してご持参ください。

診療情報アナリスト養成分野は、診療記録の正確な記載や診療データの有効な利活用を支援し、医療施設の健全な運用に必要な情報を提供できる人材の養成を目指して2008年に開設いたしました。 現在も全国各地から社会人学生らが入学し、研鑽を積んでおります。修士(診療情報管理学)および博士(診療情報管理学)として、これまで45名が大学院を巣立ち、医療機関や教育機関など、さまざまな現場で活躍しております。 今回は診療情報分析コースの修了生が「診療情報管理士とDPC、がん登録の精度の確保に向けて」と題して、研究者の視点からデータ精度の重要性について講演するとともに、がん登録専門コースの大学院生が病院実習の報告をいたします。
詳細はこちらPDF

お問い合わせ:
〒107-0062 東京都港区南青山1−3−3 青山一丁目タワー 4階
国際医療福祉大学大学院 東京青山キャンパス
[診療情報アナリスト養成分野 第9回講演会係]
E-mail:analyst@iuhw.ac.jp

お問い合わせはメールでお願いいたします。
迷惑メール設定の影響などでメールが届かない場合があります。確認メールが届かない場合は、[診療情報アナリスト養成分野 第9回講演会係] 上記メールアドレスまでご連絡ください。

大学院進学相談会ご希望の方には、後日、メールにて相談会の時間と場所をお知らせします。

個人情報の取り扱いにつきましては、最善の注意を払うとともに、お送りいただきました個人情報は、講演会に関するご連絡ならびに本学からのお知らせにのみ使用いたします。
詳しくはこちら別ウィンドウで開きます