教育理念

本学大学院は、修士課程では「保健医療福祉の分野において他分野を理解し、連携することのできる高度専門職または研究職」を育成することをめざし、博士課程では「保健医療福祉の分野において指導者的役割を果たすことのできる人材」を育成することを目標にしています。この目標を達成するため、以下に示す4つの教育理念を掲げています。

専門性

修士課程では、大学を卒業した保健・医療・福祉分野の専門職またはこれに準じる人々に再教育の場を提供することにより、高度専門職を養成します。また博士課程の学生、および修士課程でも研究者を志す学生には、徹底した研究指導を行います。

学際性

種々の領域の講義を聴講できる、あるいは他領域の先生や学生と討論を行うことができる場の提供により、保健・医療・福祉分野の幅広い視野を持つ学生の養成に努めます。

学術性

各教員が、日進月歩する保健・医療・福祉の高度化・専門分化に対応した教育と研究の推進に努めます。

利便性

働きながらでも学修できる授業時間割編成、遠隔テレビ会議システムによる双方向授業の導入などにより、従来なら時間的、空間的制約のため大学院教育を受けられなかった社会人に対して大学院教育の門戸を開きます。