役職者一覧

大学院長
天野 隆弘
国際医療福祉大学大学院長、国際医療福祉大学副学長。山王メディカルセンター名誉院長。慶應義塾大学卒、医学博士。元慶應義塾大学医学部教授・医学教育統轄センター長、元財団法人慶應健康センター(人間ドック施設)センター長・理事、前国際医療福祉大学塩谷病院副院長、慶應義塾大学医学部客員教授。
副大学院長
中村 秀一

国際医療福祉総合研究所所長。東京大学法学部卒業。1973年厚生省(現厚生労働省)入省。在スウェーデン日本国大使館、厚生省保険局、北海道庁、厚生省老人福祉課長、年金課長、保険局企画課長、大臣官房政策課長などを経て、2001年厚生労働省大臣官房審議官。2002年老健局長、2005年社会・援護局長、2008年社会保険診療報酬支払基金理事長を歴任後、2010年内閣官房社会保障改革担当室長に就任(2014年2月まで)。また2012年より一般社団法人 医療介護福祉フォーラム理事長。
副大学院長
赤居 正美

埼玉医科大学講師、帝京大学助教授、筑波技術短期大学教授を経て、東大病院リハビリテーション部副部長、国立障害者リハビリテーションセンター病院長、2014年4月より本大学院教授、2015年2月より副大学院長。
副大学院長
丸山 仁司

保健医療学部長。理学療法学科長。行岡リハビリテーション専門学校卒業。東京理科大学卒業・大学院修士修了、工学修士、医学博士。理学療法士資格を取得後、東京都老人医療センター、東京都板橋ナーシングホーム、東京都老人総合研究所、1989年埼玉医科大学短期大学教授。1995年より現職。専門は運動能力、エネルギー代謝、高齢者の運動能力、循環呼吸代謝理学療法、理学療法学教育。理学療法科学学会会長。
副大学院長
今泉 勉(九州地区担当)

1973年九州大学医学部卒業。卒業後は米国で卒後臨床研修、専門医教育を受け、米国医師免許、米国内科専門医、米国循環器専門医の資格を取得。米国マウントサイナイ病院、オクラホマ大学病院、九州大学医学部附属病院を経て、産業医科大学第二内科講師。米国コーネル大学にてリサーチアソシエイト、バージニア州立医科大学にて内科アシスタントプロフェッサーとなる。1984年より九州大学医学部循環器内科講師。1994年より久留米大学医学部心臓・血管内科主任教授に就任し2001年より同大学循環器病研究所所長を兼任。2013年4月福岡山王病院。2015年4月より福岡国際医療福祉学院学院長に着任。
薬学研究科長・医療・生命薬学専攻主任
武田 弘志

1977年星薬科大学薬学部卒業、1982年同大学大学院薬学研究科博士課程後期修了後、米国カルフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部に留学。医学博士、薬学博士。東京医科大学医学部教授(薬理学講座)を経て、現在、国際医療福祉大学薬学部長、大学院薬学研究科長。日本薬理学会理事・研究推進委員長、日本神経精神薬理学会理事・財務委員長、日本緩和医療薬学会理事・財務委員長・編集委員長、日本ストレス学会副理事長・基本問題検討委員長等を歴任。前日本ストレス学会会長(第23回日本ストレス学会学術総会会長)、前日本緩和医療薬学会会長(第5回日本緩和医療薬学会年会会長)。
薬科学研究科長
渡邊 敏子

千葉大学薬学部薬学科卒業、同大学院薬学研究科修士課程修了。博士(薬学)。薬剤師。東邦大学薬学部助手、千葉大学薬学部・同大学院薬学研究院助教授、ドレスデン工科大学(ドイツ)博士研究員を経て本学着任。本学薬学部教授・本学大学院薬学研究科および薬科学研究科教授。2015年4月より薬学科長。専門は有機化学、医薬化学。
保健医療学専攻主任
丸山 仁司
保健医療学部長。理学療法学科長。行岡リハビリテーション専門学校卒業。東京理科大学卒業・大学院修士修了、工学修士、医学博士。理学療法士資格を取得後、東京都老人医療センター、東京都板橋ナーシングホーム、東京都老人総合研究所、1989年埼玉医科大学短期大学教授。1995年より現職。専門は運動能力、エネルギー代謝、高齢者の運動能力、循環呼吸代謝理学療法、理学療法学教育。理学療法科学学会会長。
医療福祉経営専攻主任
竹内 孝仁
1966年:日本医科大学卒業。東京医科歯科大学医学部整形外科所属、整形外科およびリハビリテーション医学を研修。1978年:東京医科歯科大学整形外科講師。1991年:日本医科大学教授。2004年:国際医療福祉大学大学院教授。介護予防・自立支援パワーリハビリテーション研究会会長。日本自立支援介護学会学会長、日本ケアマネジメント学会理事、富山・在宅復帰をすすめる研究会会長 。
臨床心理学専攻主任
亀口 憲治
九州大学大学院博士課程単位修得退学、1980年フルブライト研究員(ニューヨーク州立大学)、1995年福岡教育大学教授、1998年東京大学大学院教育学研究科教授、2002年東京大学総長補佐、2004年東京大学学生相談所長、2008年東京大学学生相談ネットワーク本部特任教授、2011年国際医療福祉大学大学院教授、東京大学客員教授、放送大学客員教授。専攻は臨床心理学(教育心理学博士、臨床心理士、家族心理士)。国際家族心理学会会長、日本臨床心理士会理事、子ども教育支援財団理事、家族心理臨床研修センター長。
薬科学研究科 生命薬科学専攻主任
山田 治美
東京大学大学院薬学系研究科生命薬学専攻博士課程修了。博士(薬学)。東京大学医科学研究所附属病院薬剤部、フランス 国立ビシャ・クロウド‐ベルナルド病院(Hopital Bichat-Claude Bernard)寄生虫研究室研究員を経て、2006年より、国際医療福祉大学薬学部就任。