大学院長のご挨拶

国際医療福祉大学大学院長 三浦 総一郎

国際医療福祉大学大学院長
三浦 総一郎(みうら そういちろう)

国際医療福祉大学大学院は、我が国の保健・医療・福祉の分野において、指導的な役割を担うことが期待できる高度医療専門職の人材を集め育成することを願って1999年に開設されました。仕事を持つ社会人にも十分な研究環境を提供できるよう、さまざまな配慮をした、他に類を見ないユニークな大学院です。現在、大学卒業後すぐに進学した院生はもとより、すでに医療福祉の現場で働いている社会人の院生も多く学んでいます。

本学大学院は、開設以来医療分野に焦点をあてた新しい専攻や分野が次々に開設されてきました。全国的にも数少ない生殖補助医療胚培養分野、おそらく我が国で初めての医療福祉ジャーナリズム分野、学部ではなく大学院で学んでもらう助産学分野、日本臨床心理士資格認定協会の指定を受けた臨床心理学専攻、全国に先駆けた特定行為看護師養成分野、医療経営管理分野やヒューマンヘルス関連のMBAコース(h-MBAコース)、介護を学術レベルにまで引き上げた先進的ケア・ネットワーク開発研究分野など、枚挙に暇がありません。また、2015年度からは、医療・福祉の分野で教育者・管理者として活躍できる人材の養成を目指し、「医療福祉教育・管理分野」を開設し、最近では「臨床検査学分野」や「医療通訳・国際医療マネジメント分野」を新設しました。社会のニーズをいち早く察知し、それに応えるべくダイナミックに進化して行く大学院の運営が本学大学院の大きな特徴のひとつです。

また2013年度からは博士課程に、薬剤師、看護師、診療放射線技師の方々をがんプロフェッショナルとして育成する「がん先端医療に対する多職種連携重点コース」を専門の分野と併せて履修できるよう整備するなど、多用な学びを提供しているのも、本学の特徴と言えるでしょう。

さらにICTの活用も大きな特徴です。大田原、成田、東京青山、小田原、熱海、福岡、大川の7 箇所に広がった国際医療福祉大学大学院の各キャンパスを通信回線でつないだ同時双方向遠隔授業システムが稼働しています。このようなICTを利用した授業は、VODやeラーニングにまで発展して遠隔での学習も可能にし、振り返りの学習も可能にして教育環境も充実させています。

このような、特徴的な教育に加え、本学には大学附属の5病院(国際医療福祉大学病院、国際医療福祉大学塩谷病院、国際医療福祉大学市川病院、国際医療福祉大学三田病院、国際医療福祉大学熱海病院)があり、さらにグループ法人が運営する東京の順和会山王病院、山王メディカルセンター、九州の福岡山王病院、高木病院、柳川リバビリセンターなど多数の関連医療福祉施設があります。これらは、いずれも院生の臨床実習施設の場になっています。

また、大学院およびその教員と深く関連した事業として、ファースト、セカンド、サードの3 段階をもつ「看護生涯学習センター」や、意欲ある人達が夜間に医療・福祉・政策などに関連したトピックスをシリーズで学べる「乃木坂スクール in 青山」、「九州地区生涯教育センター」、「国際医療福祉総合研究所」などの多彩な附属施設も充実しており、院生たちの教育・研究に多彩な選択肢を提供しております。

大学院キャンパスは2018年4月には新たに東京赤坂の地に移転します。この機会に大学院はさらにその規模を質・量ともに拡充して、学問の力とブランド力を高めてゆきたいと願っております。

また、大きく変貌を遂げる日本の未来を担うべき分野に力を注ぎ、絶えずイノベーションを実現できるよう努力してゆきたいと考えております。

実践的な教育・研究環境が整った本大学院は、今後も国際的視点を忘れることなく、保健・医療・福祉分野の総合的大学院教育や研究を推進して行きたいと考えておりますので、 皆様のますますのご支援を頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

Profile
国際医療福祉大学大学院長。慶應義塾大学卒、医学博士。
前防衛医科大学校長、防衛医科大学校名誉教授。
慶應義塾大学医学部客員教授。